都内を中心に活動する30代が中心の俳句会。 会員は20代から50代まで幅広いです。全く俳句をしたことのない方にも教えます。共に学びましょう。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    牧野記念庭園吟行選句結果

    こんにちは、俳句サークルむつきの会管理人のセージ♪です。 先日の牧野記念庭園吟行に参加してくれたみんなありがとう 選句結果をここに記します。 牧野記念庭園吟行 2014.4.13 参加者 いちご蒸しパン、村蛙、はら、あめみや、セージ♪ いちご蒸しパン 葉に隠れそっと一輪花を待つ ◎あ 曇天... もっと読む

    • 04月27日
    • 俳句日記から
    • (2件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    長閑

    長閑さや出支度すれば女客 溝口素丸 ちょうど出かけようとしたところに・・・・来客 女客と言っているが 怪しい関係とかではなく、ふつーの来客。 だが、女性であるところがミソ 男性と女性は異なるもの 男性と女性は 幾つになっても異性という意識はあるもの 出かけようとしたところに女性客という ... もっと読む

    • 04月06日
    • 俳句日記から
    • (3件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    カタクリ

    かたくりの花の迎へし駐車場 山田勝久 ふと止めた駐車場に かたくりが咲いていた 咲くまで7年かかる花で ちょっとでも条件が悪いと 咲くまで至らない花 駐車場を見下ろす丘に咲きそろっていた こんなところで見つけた感動 こんなところで咲いていてくれてありがとう。

    • 03月30日
    • 俳句日記から
    • (2件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    冴え返る

    冴え返るいつも不用意なるときに 後藤比菜夫 冴え返るは春になって少し暖かくなってから 再び寒さがぶりかえすこと。春の季語です。 不用意というなら用意しろよ、と思うかも、しれない 作者、もしくはこの俳句の主人公はうっかりしている人とも思うかもしれないけど 私はそう思わない。 まだ寒い、と思... もっと読む

    • 03月22日
    • 俳句日記から
    • (6件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    4月吟行のお知らせ

    こんにちは、セージ♪です。 ようやく少しずつ暖かくなってきましたね。 4月13日(日)13時に 西武池袋線大泉学園駅に集合して 牧野記念庭園に吟行(景色を見て俳句を作る会)を行います。 俳句やったことない人には私、セージ♪がおしえますよ。 俳句と言うと難しく感じるかもしれないけ... もっと読む

    • 03月19日
    • 俳句日記から
    • (0件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    3月吟行選句結果

    こんにちは、セージ♪です。 3月の吟行に参加してくれたみなさん、どうもありがとうございました。 選句結果を発表します! むつきの会有栖川宮記念公園吟行 2014年3月9日 参加者 蛙、村蛙、あけみ、さとう とある蛙 子が騒ぎ親がおどける梅見かな ◎セ 梅の香や波紋の中に鴨一羽 あ 散歩道、... もっと読む

    • 03月19日
    • 俳句日記から
    • (0件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    水仙

    水仙の葉先までわが意志通す 朝倉和江 水仙の花を描写した句はよく見ますが きりっと伸びたその葉に 水仙が自ら意志を持ったような筋の通ったものを感じたのですね。 俳句で花の名前を読むと花が咲いている時ですが 水仙の葉を描いた事で花の様子まで思い浮かんでくる。 水仙を見て、自分もしっかりと... もっと読む

    • 03月05日
    • 俳句日記から
    • (3件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    3月吟行のお知らせ

    こんにちは、セージ♪です。 有栖川宮記念公園で吟行を行います 俳句やったことない人も大歓迎です 一から、教えますよー。 ●開催日3月9日(日) ●時間13時 広尾駅1番出口集合、16時までには解散 ●場所:有栖川宮記念公園 ●参加費:無料 (ただし喫茶店に入るので各自お茶代を負担願いま... もっと読む

    • 02月19日
    • 俳句日記から
    • (0件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    バレンタイン

    いざ二の矢射るためバレンタインの日 石井きき 日頃からその気があるの伝えているのに つれない男性 そんな男性の心を射止めるため 手作りチョコレートを武器に いざ出陣! と、いう情景が見えてきて 女性の気持ち、とてもよく、わかります。 でも、個人的には、 バレンタインから付き合い始めたっ... もっと読む

    • 02月14日
    • 俳句日記から
    • (6件)
  • 俳句サークルむつきの会

    俳句サークルむつきの会

    夜鷹蕎麦

    街の灯をそれて一灯夜鷹蕎麦 村上美智子 繁華街をぬけて なんでもないところに 蕎麦屋をみつけた。 ふらふらっと入ってみる 頑固そうな店主。無愛想。 こっちが客なんだから・・・ とも思いつつハシをつけてみると 美味い! 美味しい店ってちょっと離れていたりするんですよね。 また、街の喧騒を離... もっと読む

    • 01月26日
    • 俳句日記から
    • (4件)