Dr.にいなのやんちゃワンワン日記 | mixiページ

やんちゃなわんちゃんの困った行動に悩まされてはいませんか? そんなあなたと一緒に悩みを問題行動カウンセリングという手法で解決しましょう! みなさん!フォローお願いします!!

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    ページ終了のお知らせ

    日に日に寒くなって参りましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さて、この度わたくしやいちゃんは動物病院を開業することとなり、何かと忙しくなるため、このDr.にいなのやんちゃワンワン日記を終了させて頂くことに致しました。 長らくのご愛読ありがとうございました。 皆さまのワンコ、ニャンコがい... もっと読む

    • 11月14日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    解決策

    食事に関連した攻撃行動や興奮を抑えるために ・引き起こす要因はコントロールされなければなりません。もし、例えば、対戦相手が猫の餌を盗む犬ならば、猫には犬の届かない範囲の高い台に餌を置きましょう。 ・お互いに向けて攻撃的になるペットの場合、わけてフードを与え、それぞれの分け前を食べられる距離... もっと読む

    • 09月12日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    食事時の攻撃

    長い間投稿せずにすみません!!! 来年から開業するため忙しい日々を送っております。 また次の投稿がいつになるかんかりませんが、フォロー人数が増えていてビックリで嬉しいです(*^^*) では今回は食事時の攻撃についてです。 食事を期待して待っている時の不安と一般的な興奮はペットの飼い主や... もっと読む

    • 08月01日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    特別な食事を避けさせること

    ペットは食べ物を選り好みします。 半生や缶詰ではなくてドライフード(キブル)を好むものや、全くそんな傾向を示さないものもいます。 例えばビーフは嫌いでチキンベースの食べ物を選り好みしたりします。 もしあなたのペットが食べ物を食べた時にまずいと感じたり、体の調子が悪くなったら、それを避けること... もっと読む

    • 12月01日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    不安の症状

    隠された身体の問題がないので、過食は時折感情的な原因と関係があることがあります。 このような精神的な多食症はペットの生活においてストレスに満ちた出来事と同時に起こります。 新しいペットの導入やペットを一時的に預けることに関連した不安は突然、そして移り変わる食欲の上昇をもたらします。 問題はう... もっと読む

    • 10月21日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    飼い主の原因、解決策

    飼い主の原因 ペットが様々なタイプの注意を引く行動をすばやく学ぶことは、気ままな飼い主から食べ物を与えることを引き起こすことができます。 ペットの社会的触れ合いや運動といったものに対する欲望は飢餓のサインと誤解され得ます。 解決策 ・食べ物を求めたりペットフードを拒絶するペットをがっかりさ... もっと読む

    • 09月12日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    ペットフードの拒絶

    食欲の減少は度々隠された病気の最初のサインです。 かかりつけの獣医師に、2、3日以内に報告しましょう。 しかしながら健康なペットは、気難しい食べ方は飼い主の注意をひくのに有効的だということを学びます。 多くのペットは商品として売られているペットフードを食べるのを拒絶すると、飼い主は人間の食... もっと読む

    • 07月01日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    食物過敏と行動

    ある食物では動物に医学的な問題を起こすことがあります。 食物アレルギーや食物過敏は、皮膚の問題(発疹、かゆみ、脱毛)や消化の病気(嘔吐、下痢)を引き起こすであろうアレルギーの型です。 行動における変化もまたいくつかの食物で関係しています。 短気や興奮はある食物に伴うペットのアレルギーにおい... もっと読む

    • 05月12日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    過食

    過度の食欲は病気に関連したものであることがあり、評価されるべきです。 例えば寄生虫のいる動物や過度の甲状腺機能の上昇(甲状腺機能亢進症)などが普通より飢餓に陥り、病気の早いステージにおいては状態は悪くはなりません。 過度の食事摂取がないにもかかわらず、あきらかに体重増加がみられます。 この... もっと読む

    • 03月17日
    • 日記から
    • (0件)
  • Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    Dr.にいなのやんちゃワンワン日記

    食事に関する問題

    摂食障害はペットの間では一般的です。 過食に関係する肥満は心臓、腎臓や肝臓を含むいろいろな身体の病気を導くでしょう。 度を越した体重からつながる付加的なストレスが構造の不安定さや関節炎を引き起こします。 一般的な意見に反して、ほとんどのペットは彼らが消費する食事の質の自己調整をすることがで... もっと読む

    • 02月13日
    • 日記から
    • (0件)