東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の事業者・法人・会社・中小企業の方向けのサービスに関するページです。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    破産債権とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権であって,財団債権に該当しないもののことをいいます(破産法2条5項)。 https://www.houjintousan.jp/hasan/hasansaiken/

    • 07月17日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    法人・会社の破産のご相談において,よくおうかがいするのが「法人・会社が破産したら,代表取締役や代表理事などの代表者も破産しなければならないのか」という質問です。 https://www.houjintousan.jp/hasan/daihyousha/kojinhasan.html

    • 07月12日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,中小企業の自己申立てのご相談について「無料相談」を実施中です。 https://www.houjintousan.jp/hasan/bengoshi-kigyou.html

    • 07月09日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    理事や取締役が法人・会社の債務の連帯保証人等になっている場合,理事や取締役個人も,法人・会社と一緒に自己破産を申し立てることが少なくありません。 https://www.houjintousan.jp/hasan/torishimariyaku/kojinhasan.html

    • 07月08日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    法律上に統一的な定義はないですが,「倒産」とは,一般的に,会社などの法人または個人(自然人)が経済的に破綻し,弁済期にある債務を一般的・継続的に支払えなくなることをいうと定義することができるでしょう。 https://www.houjintousan.jp/tousan/igi/

    • 07月05日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    「破産手続開始原因」がなければ,破産手続は開始されません。破産手続開始原因とは,債務者について,破産手続を開始する必要があると認められる財産状態の悪化の事由のことをいいます。 https://www.houjintousan.jp/hasan/kaishi/kaishigenin.html

    • 07月04日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    破産手続開始の申立ては,最高裁判所規則(破産規則)で定める事項を記載した書面でしなければならないとされています(破産法20条1項)。 https://www.houjintousan.jp/hasan/moushitate/

    • 07月03日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    法人・会社の自己破産申立てをご依頼いただく場合には,弁護士報酬・裁判費用等をご準備いただく必要があります。費用は,原則として一括でご準備いただくことになります。 https://www.houjintousan.jp/hasan/hiyou/

    • 07月02日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    民事再生手続は,法人だけでなく,個人も利用可能です。 https://www.houjintousan.jp/minjisaisei/saiseitetuduki/

    • 06月26日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    LSC綜合法律事務所(事業者向けページ)

    仮に,支払不能後に特定の債権者にだけ返済をすると,いわゆる「偏頗弁済(へんぱべんさい)」として扱われ,破産手続開始後に,破産管財人による否認権行使の対象とされてしまいます。 https://www.houjintousan.jp/hasan/daihyousha/kazoku.html

    • 06月25日
    • つぶやきから
    • (0件)