【感覚とイメージで中小零細企業の経営のあり方を伝える読み物コンテンツ】 事業主、自営の妻、母、娘いらっしゃい♪ 会計事務所系経営コンサルタントが発信する自営業の心得1.2.3!

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    『買った、売った、儲かった』で、商売はうまくいくかもしれないが、 『入った、出てった、残った、溜めた、廻した、貯まった』としないと、経営は決して良くならない。

    • 02月22日
    • つぶやきから
    • (1件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    『転んでもいいようにしておいて思いっきり走る』コレ経営の常套なり。

    • 02月10日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    商は笑にして勝なり

    『笑う門には福来る』といいますが「笑う」という行為は実に素晴らしいものです。 笑は「商」なり。 笑は「昌」なり。 笑は「勝」なり。 笑は「正」なり。 笑は「昇」なり。 笑は商運、昌運、勝運をもたらします。 商売をべつの表現で「笑売」と表します。 昌とはきらきら輝くことを意味... もっと読む

    • 02月09日
    • ■ 正心(精神)の書から
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    常々思うことがある。小規模事業者が事務員を求人かけるときに職種「経理・事務」の枠で出すが、「自営の母職」という職種があれば、もっと適任者にめぐり合えるのに・・と思う。

    • 10月28日
    • つぶやきから
    • (1件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    従業員は仕事に対して意識低そうにみえても、経営陣がどこに向かって歩もうとしているのかは、意外と敏感に察知している。【自営一歩会】

    • 10月28日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    耐え忍んで頑張ること。地道にコツコツと行うことは良いことかもしれない。しかし、努力の方向性を間違うと、その直向(ひたむき)さが報われないこともある。それが事業経営。【自営一歩会】

    • 10月26日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    「このまま行けば・・・」と読める未来。そこに不本意な現実が待ち構えていると分かっているのならば、抗(あらが)うことに、恥ずかしさやみっともなさは持ってはいけない。【自営一歩会】

    • 10月26日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    「雨降れば地固まる。」この言葉は自営業者のためにあるような言葉です。今までにも雨が降れば必ず自分達でその場を治めてきたはずです。だから今があるはずです。サンクコストという概念がそれを実感させてくれるでしょう。【自営一歩会】

    • 10月23日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    新しいことにお金を使うことには勇気がいります。損得を必ず描いて考えます。損はしないだろうか・・・。モノになるだろうか・・・。損得の結果と期待値を他人やモノに対して求めてはダメです。結果を出すのは自分たちであり、お金を払って買った人やモノではありません。【自営一歩会】

    • 10月23日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 寺小屋武茶志『自営一歩会』

    寺小屋武茶志『自営一歩会』

    「忙しさに怠ける」といいます。忙しいことはいいかもしれません。しかし、未来に着手するからこそ「望み未来」がくるのです。「今を生きる!」これに一点集中ですが、自営業は「未来に仕掛ける!」ことも大切です。【自営一歩会】

    • 10月21日
    • つぶやきから
    • (0件)