mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    特集:平和軍事論①三菱重工不買論は正しくない

    今回より平和運動のための軍事論を特集としたいと思います。 某SNSではやれ軍産複合体がどうとか言われていますが間違った話ばかりが 蔓延していて平和運動にちっとも貢献していません。 10年前に反戦軍事学という本が軍事マニアの間で物議を醸しましたが 今回は平和運動のための軍事学を語っていき... もっと読む

    • 08月31日
    • 提案・意見から
    • (2件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    F-2後継、開発費計上へ

    防衛省は空自のF-2の開発費の計上を2020年度から 始める方針を固めました。また、純国産ではコストが上がるので 外国の技術の導入を図る方針で日本主導とは言いながらも 国際共同開発を模索していく事になります。 F2後継戦闘機、「事項要求」で開発費計上へ : 政治 : 読売新聞オンライン ht... もっと読む

    • 08月24日
    • 装備関連から
    • (0件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    韓国空軍のロシア空軍機への警告射撃の問題点

    23日竹島付近の日本海上にて韓国の領空を侵犯した ロシア空軍のA-50早期警戒管制機に韓国空軍の戦闘機(機種は不明)が 曳光弾280発で警告射撃を行いました。 韓国は日本の領土の竹島を独島と呼んで李ラインで 不法占拠していますが、外交的配慮から日本政府は 竹島にADIZ(防空識別圏)を設定して... もっと読む

    • 07月28日
    • 東シナ海防空識別圏問題から
    • (0件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    海賊対処部隊、アデン湾からペルシャ湾に行動を変更か

    アメリカ・イランとの関係悪化とそれを抑えるべく 安倍総理がイランを訪問中に日本のタンカーを含めて ペルシャ湾にて攻撃された事件が発生してから 3週間経ちましたがアメリカとイランとの関係次第では アデン湾に派遣されている海賊対処部隊をペルシャ湾での 日本船護衛の任務に就かせる可能性が出てきました... もっと読む

    • 07月07日
    • 軍事から
    • (5件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    バーティゴになったら即時にパニックボタンを押すようにすべき

    4月の空自のF-35墜落事故はやはり空間識失調(バーティゴ)でした。 空自三沢F35A墜落、人的エラー原因か|事件・事故|青森ニュース|Web東奥 https://www.toonippo.co.jp/articles/-/202611 記事ではバーティゴは人的エラーとされていますがバーテ... もっと読む

    • 06月16日
    • 提案・意見から
    • (4件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    F-35墜落事故でパイロットの死亡確認

    4月のF-35墜落事故でパイロット・細見三佐の死亡が確認がされました。 F35操縦士、死亡認定=青森沖の墜落事故で−防衛省:時事ドットコム https://www.jiji.com/jc/article?k=2019060700383&g=soc 非常に残念な結果に終わりました。細見三佐の... もっと読む

    • 06月09日
    • 装備関連から
    • (3件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    テンペスト共同開発の要請する要因にフライ・バイ・ライトの技術の提供?

    去年英BAEシステムズがユーロファイター・タイフーンの後継機種として テンペスト構想を発表したのは知っている方も多いでしょう。 このテンペスト開発にBAEシステムズは日本企業の参加を呼びかけた他、 米ボーイング社や瑞サーブ社も接近していると言われています。 英次世代機「テンペスト」どんな戦闘... もっと読む

    • 05月25日
    • 装備関連から
    • (2件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    副管理人に消印所沢さんに就任して頂きました。これからも宜しく御願い申し上げます。

    • 05月05日
    • つぶやきから
    • (2件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    ボーイングT-Xの製造に日本企業は参入できるか

    先ずは令和元年おめでとうございます。 さて前回に引き続き空自T-4後継機関連について書いていきたいと思います。 ボーイング/サーブT-XはT-4の後継機種として前回書きましたが、 もしかしたら製造に参入できるかも知れません。 アメリカ空軍の次期ジェット練習機はボーイング/サーブ製に決定 |... もっと読む

    • 05月02日
    • 提案・意見から
    • (4件)
  • とある軍事マニアの独り言

    とある軍事マニアの独り言

    T-4後継機を考えてみる

    T-4練習機がエンジンの不具合により飛行停止命令が下されました。 丸茂空幕長、T-4飛行見合わせ、部品改修で対応 – 旅行業界・航空業界 最新情報 − 航空新聞社 http://www.jwing.net/news/12232 T-4は2003年まで製造されたので運用年数はまだ残っている機... もっと読む

    • 04月28日
    • 提案・意見から
    • (2件)