鉛筆で動物のリアルな絵を描いてます☆毛があるものが大好き☆☆mixiアプリの『記憶スケッチ』でマウスで、似顔絵からオタク絵も描く笠原茄椅菰(Keiko)です。小説も執筆中!

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 身近な毒草図鑑索引

    このシリーズは。 私の作品の二次創作ミステリー『神戸尊の事件簿』の第一作目『季節外れのリコリス』の中で、毒草をわんさか登場させたことがきっかけでmixi内でアルバムを作ったものを転載させるシリーズです。 ちなみに、凶器は毒草ではありません。 自然界にある植物毒は即死に至るほどの毒物は限...

    • 07月28日
    • 身近な毒草図鑑索引から
    • 0件
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草図鑑索引

    このシリーズは。 私の作品の二次創作ミステリー『神戸尊の事件簿』の第一作目『季節外れのリコリス』の中で、毒草をわんさか登場させたことがきっかけでmixi内でアルバムを作ったものを転載させるシリーズです。 ちなみに、凶器は毒草ではありません。 自然界にある植物毒は即死に至るほどの毒物は限... もっと読む

    • 07月28日
    • 身近な毒草図鑑索引から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草36:オシロイバナ

    オシロイバナ(白粉花、白粧花、学名:Mirabilis jalapa) オシロイバナ科 オシロイバナ属 アメリカ原産で江戸時代始めごろに渡来。多年草または一年草で、花が美しいため観賞用に栽培されるが、容易に育てられるために広く野生化もしている。 茎はよく枝分かれして灌木状となるが節がはっ... もっと読む

    • 07月28日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草35:ヨウシュヤマゴボウ

    ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、学名: Phytolacca americana) ヤマゴボウ科 ヤマゴボウ属 別名はアメリカヤマゴボウ。 別名の通り北アメリカ原産で明治時代に渡来し、そこらへんに生える雑草。 ヨウシュとは洋酒ではなく『洋種』の意味。 高さは2m前後に達し、茎は... もっと読む

    • 07月28日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草34:ジギタリス

    ジギタリス オオバコ科 ジギタリス属(キツネノテブクロ属、学名:Digitalis)の総称。 地中海沿岸を中心に中央アジアから北アフリカ、ヨーロッパに20種あまりが分布する。一・二年草、多年草のほか、低木もある。 学名のDigitalis(ディギターリス)はラテン語で「指」を表すdig... もっと読む

    • 07月28日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草33:タケニグサ

    タケニグサ(竹似草、学名: Macleaya cordata (Willd.) R.Br.) ケシ科 タケニグサ属 日当たりのよい草原や空地などによく見られる多年草の雑草。 切れ込みのある葉裏が白っぽい大きな葉と茎が特徴で、夏の時期に高く伸びる。 花は夏に咲き、花弁がなく、萼は2枚、円... もっと読む

    • 07月28日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    みんなの動画 植物を育てる時に使えるライフハック集 https://twitter.com/minnano_dogaww/status/1154366892624117760 hydrogen peroxideは過酸化水素のこと。

    • 07月27日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草32:キツネノカミソリ

    キツネノカミソリ(狐の剃刀、学名:Lycoris sanguinea)はヒガンバナ科 ヒガンバナ属の多年草。 明るい林床や林縁などに自生し、早春のまだ他の草が生えていないうちに、狭長の葉を球根から直接出して球根を太らせ、多くの草が生い茂る夏頃には一旦葉を落とす。 花茎は30〜50cmでヒ... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草31:ナツズイセン

    ナツズイセン(夏水仙、学名: Lycoris squamigera)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。 和名は、葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くこと。また、花期に葉がないことから、俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる。 8月中旬から下旬に鱗茎ひとつに対して1本、60cmほどの花茎... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草30:ソテツ

    ソテツ(蘇鉄、学名:Cycas revoluta)は、ソテツ科 ソテツ属の常緑低木。 ソテツ類の中で日本で自生する唯一の種で、自然分布では日本固有種である。 澱粉分も多いため、沖縄県や鹿児島県奄美群島では、、皮を剥ぎ、時間をかけて充分に水に晒し、発酵させ、乾燥するなどの処理を施したものを... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草29:ロウバイ

    ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔カラウメ〕、Chimonanthus praecox)は、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹。 早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く。 お正月花としてお馴染みの植物であ... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)