鉛筆で動物のリアルな絵を描いてます☆毛があるものが大好き☆☆mixiアプリの『記憶スケッチ』でマウスで、似顔絵からオタク絵も描く笠原茄椅菰(Keiko)です。小説も執筆中!

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 身近な毒草図鑑索引

    このシリーズは。 私の作品の二次創作ミステリー『神戸尊の事件簿』の第一作目『季節外れのリコリス』の中で、毒草をわんさか登場させたことがきっかけでmixi内でアルバムを作ったものを転載させるシリーズです。 ちなみに、凶器は毒草ではありません。 自然界にある植物毒は即死に至るほどの毒物は限...

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑索引から
    • 0件
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草図鑑索引

    このシリーズは。 私の作品の二次創作ミステリー『神戸尊の事件簿』の第一作目『季節外れのリコリス』の中で、毒草をわんさか登場させたことがきっかけでmixi内でアルバムを作ったものを転載させるシリーズです。 ちなみに、凶器は毒草ではありません。 自然界にある植物毒は即死に至るほどの毒物は限... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑索引から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草32:キツネノカミソリ

    キツネノカミソリ(狐の剃刀、学名:Lycoris sanguinea)はヒガンバナ科 ヒガンバナ属の多年草。 明るい林床や林縁などに自生し、早春のまだ他の草が生えていないうちに、狭長の葉を球根から直接出して球根を太らせ、多くの草が生い茂る夏頃には一旦葉を落とす。 花茎は30〜50cmでヒ... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草31:ナツズイセン

    ナツズイセン(夏水仙、学名: Lycoris squamigera)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草。 和名は、葉がスイセンに似ていて、花が夏に咲くこと。また、花期に葉がないことから、俗にハダカユリ(裸百合)とも呼ばれる。 8月中旬から下旬に鱗茎ひとつに対して1本、60cmほどの花茎... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草30:ソテツ

    ソテツ(蘇鉄、学名:Cycas revoluta)は、ソテツ科 ソテツ属の常緑低木。 ソテツ類の中で日本で自生する唯一の種で、自然分布では日本固有種である。 澱粉分も多いため、沖縄県や鹿児島県奄美群島では、、皮を剥ぎ、時間をかけて充分に水に晒し、発酵させ、乾燥するなどの処理を施したものを... もっと読む

    • 06月10日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草29:ロウバイ

    ロウバイ(蝋梅、蠟梅、臘梅、唐梅〔カラウメ〕、Chimonanthus praecox)は、クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属に属する中国原産の落葉樹。 早生種では12月頃に、晩生種でも2月にかけて半透明でにぶいツヤのある黄色く香り高い花がやや下を向いて咲く。 お正月花としてお馴染みの植物であ... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草28:ニゲラ

    ニゲラはキンポウゲ科 クロタネソウ属の一年草から二年草で、「ニゲラ」とはクロノタネソウ属を表す学名「Nigella」から取られたものであり、ラテン語で「黒い」と言う意味である。 花だけでなく、実も観賞用で知られる。 ※ウィキペディアより。 ヨーロッパではその種は万能薬として古代エジプ... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草27:カロライナジャスミン

    カロライナジャスミン(学名: Gelsemium sempervirens) ゲルセミウム科またはマチン科ゲルセミウム属の常緑つる性低木。 花期は春で、小型でラッパ状の黄色い花を多数咲かせる。 芳香花ではあるために「ジャスミン」という名前がついているが、モクセイ科ソケイ属のジャスミンとは... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草26:カキツバタ アヤメ科 アヤメ属 アヤメに同じ。

    カキツバタ(燕子花、杜若、Iris laevigata)はアヤメ科アヤメ属の多年草。 カキツバタは湿地に群生し、5月から6月にかけて紫色の花を付ける。内花被片が細く直立し、外花被片(前面に垂れ下がった花びら)の中央部に白ないし淡黄色の斑紋があることが特徴である。 尾形光琳の「燕子花図屏風... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草25:ハナショウブ アヤメ科 アヤメ属 アヤメに同じ。

    ハナショウブ(花菖蒲、Iris ensata var. ensata)はアヤメ科アヤメ属の多年草。 ノハナショウブ(学名I. ensata var. spontanea)の園芸種である。6月ごろに花を咲かせ、花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)
  • 日本もふもふ化計画と植物図鑑

    日本もふもふ化計画と植物図鑑

    身近な毒草24:アヤメ科 アヤメ属全種。 写真はアヤメ

    アヤメ(菖蒲、文目、綾目、学名:Iris sanguinea)は、アヤメ科アヤメ属の多年草。 5月から梅雨時にかけ、私たちの目を癒すアヤメ、ハナショウブ、カキツバタは非常に身近な存在であるが、実は根や汁を含む全草にわたり毒性がある。 イリジェニン、イリジン、テクトリジンと言った毒を含... もっと読む

    • 06月07日
    • 身近な毒草図鑑から
    • (0件)