映画に関する事を取り上げます。一部ネタバレ有り

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    モスキート(1995)「悪魔のいけにえ」でレザーフェイスを演じたガナー・ハンセンが主演ということでお約束なんでしょうか、チェーンソーでモスキートに立ち向かいます。

    • 01月19日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    モスキート(1995)巨大モスキートは実写とアニメ合成の使い分けですが実写の造形はなかなかグロくていいんですけどアニメ部分になるとショボいのがご愛嬌。 フルムービー:https://youtu.be/GsYa7a_7Xdw

    • 01月19日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    モスキート(1995)UFOが墜落し、エイリアンの血を吸った蚊が巨大化してキャンプの人々を殺戮しはじめる。 オープニングの宇宙船のシーンをもうちょっと引っぱればもっと面白くなったかもしれない。 なんか もったいない使い方してます。https://youtu.be/bUkSMxeaeuA

    • 01月19日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    現在のヘッド画像

    グリース(1978)

    • 01月17日
    • その他から
    • (17件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    キラーズ・キッス(1993)「サイコ」や「ミスターグッドバーを探して」などを併せたような2重3重の展開が面白い。 TVムービーですが「北北西に進路を取れ」のエヴァ・マリー・セイントと「ワン・オン・ワン」のアネット・オトゥールの組み合わせもいい。 アネット・オトゥールは大好きな女優さんです。

    • 01月14日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    キラーズ・キッス(1993)子供のケイトと赤ん坊を地下室に閉じ込めて自分は浮気を楽しむ母の記憶… なんて母親だ!と思いましたね。 おまけに置き去りにされた赤ん坊は死んでしまいます。 ケイトはこの記憶を封じ込めるためか閉所恐怖症になっていました。

    • 01月14日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    キラーズ・キッス(1993)ケイトは男に拉致されるが なんとか自力で危機を回避…しかし、これを機に子供のころの母親の忌まわしい記憶がよみがえり、そのわだかまりは限界を超えてついに母親と決着をつける。

    • 01月14日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    キラーズ・キッス(1993)内気なケイト(アネット・オトゥール)は威圧的な母(エヴァ・マリー・セイント)に抱くマザーコンプレックスの果て、夜な夜な派手な衣装でバーに繰り出し男あさりを続ける2面性の女になってしまっていたが、そのケイトを狙うレイプ犯とのトラブルに巻き込まれることになる。

    • 01月14日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    1月9日、「荒野のストレンジャー」「センチメンタル・アドベンチャー」「アニマルハウス」などに出演した女優ヴェルナ・ブルーム死去。 ソンドラ・ロックに次いでイーストウッド関連の訃報が続くなんて縁起でもない… と彼は思っているのか、悪い影響がなければいいんですが。  享年80歳

    • 01月14日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 映画の部屋~CINEMA NOTE

    映画の部屋~CINEMA NOTE

    ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017)舞台がほとんどエジプトではないことで 正直なところ前にリメイクされた「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」の方が冒険映画のツボをつかんでいて個人的には好きです。 この企画、次は何をリメイクしてくれるのかがちょっと楽しみではあります。

    • 01月13日
    • つぶやきから
    • (1件)