木管楽器の奏法から、音楽のあり方まで、幅広く考えます。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    吹奏楽の編成で吹いているとオーバーブロウしがち。 オーバーブロウしてしまうと音程が上がってしまうので、重心を下に。 歌を歌う時のような身体の使い方で。 力を入れても響く音は出ません。

    • 06月04日
    • つぶやきから
    • (1件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    楽器を大切にする。人がご飯を食べたりお風呂に入ったりするのと同じで、楽器も磨いてあげたり、調整に出してあげたり、ロングトーン等の基礎練習をしてあげたりする。

    • 05月04日
    • つぶやきから
    • (6件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    最強の六人による夢のアンサンブル レ・ヴァン・フランセ 日本公演がいよいよ始まりますね! 管理人も19日の公演に行ってきます。 とても楽しみです。 http://www.japanarts.co.jp/html/2012/les_vents_francais/index.htm

    • 04月09日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    パユの言葉

    「歌は叫ぶことじゃない。」 「練習はできないことに挑戦すること。」 フルート奏者 エマニュエル・パユの言葉 バンドジャーナルより

    • 04月04日
    • 語録から
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    森山直太朗さんの言葉

    「歌の上手い人はたくさんいるけど、技術うんぬんより、声、響きで何かを伝えられる人って、限られてるんだよね。」 (2006年1月/SWITCH) 歌と管楽器は違うけれど、管楽器にも同じ事が言えるのではないでしょうか。

    • 03月30日
    • 語録から
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    塩田の言葉

    「人間は楽な方にいくから、放っておくとただの我流になってしまう。だから、常に基本に立ち返るということ、これが大切。」 塩田 剛三 武術家、合気道の達人

    • 03月30日
    • 語録から
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    フースラーは、「腹式呼吸」「胸式呼吸」などのように分類された呼吸法は、全体がバランス良く協調して働かなければならない呼吸機能のうちの一部のみが突出して働くことによって生まれる不自然な呼吸法であり、呼吸を型や方式に分類することや、意識的に行われる方式的呼吸法はすべて有害である、という見解を示している。 もっと読む

    • 03月28日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    カザルスの言葉

    「自然に、演奏してください。」 パブロ・カザルス スペインのチェロ奏者

    • 03月26日
    • 語録から
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    自然に演奏する、という言葉は、演奏における基本の全てを表現していると思う。不自然な演奏や不自然な奏法は必ずどこかで破綻する。

    • 03月26日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 木管の奏法について考える

    木管の奏法について考える

    マルセル・ミュール

    サクソフォンという楽器の演奏法を確立したと言っても過言ではない、マルセル・ミュールの演奏です。

    • 03月24日
    • 動画紹介から
    • (1件)