日本に伝わる偉人や今まで生きてきた、また生きている人々のあまり知られていない私たちの人生に役立つようなエピソードや考え方を紹介します。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    古今伝授の太刀

    天下分け目の関が原の戦い。 歌人・烏丸光広(からすまる みつひろ)が、西軍の軍勢に城を囲まれ、死の覚悟を固めていたひとりの老将を訪ねた。 (その老将とは)細川幽斎(ほそかわ ゆうさい)である。 幽斎は武人でありながら教養深き文化人としても名高く、『古今和歌集』の解釈の秘伝を授けられた「古... もっと読む

    • 06月18日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    和本 ~中世寺院の役割と『古事記』~

    五山版(注:京都や鎌倉の臨済宗の五山の寺々が刊行する和本)のように、中世には寺院が書物を広める重要な役割を果たしてきたが、そればかりでなく保存や教育にも大事な存在であった。 神奈川県にある金沢文庫は、北条実時とその子らの収集した蔵書をもとに十三世紀に創建されたとされるが、その管理は称名寺(し... もっと読む

    • 05月22日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    「米百俵」

    映画「米百俵」小林虎三郎の天命 戊辰戦争の戦災によって壊滅的な打撃を受けた長岡で、四郎丸村(現在の長岡市四郎丸)にある昌福寺の本堂を借り、仮校舎として国漢学校を開校させた。 その後、長岡藩の支藩であった三根山藩(現在の西蒲原郡巻町峰岡)が長岡藩の窮状を察し、米百俵を寄贈したが、分配され... もっと読む

    • 03月08日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    二人の極意

    江戸時代の初め、観世太夫(かんぜだゆう/観阿弥の子孫)の能を、3代将軍・徳川家光と剣術指南役の柳生宗矩(やぎゅう むねのり/柳生十兵衛の父)が見物した時の話です。 「観世太夫に斬りつける隙があれば申してみよ」と、家光が宗矩に言い含めて見物が始まりました。 能が終わり、宗矩は家光にこう答えま... もっと読む

    • 12月29日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    ロケット開発のあゆみ~ペンシルからM-Vまで~

    ロケット開発のあゆみ〜ペンシルからM-Vまで〜 新たな深宇宙の航海へ!「はやぶさ2」を(2014年)11月30日に打ち上げます http://www.jaxa.jp/projects/sat/hayabusa2/index_j.html

    • 11月09日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    福島安正の単騎シベリア横断

    ある日、福島安正がドイツ軍将校と語り合っていたとき、たまたま、馬に乗って一定の速度で毎日走り続けたら、どこまで行けるだろうかとうことが話題になりました。 騎手としての第一級の腕を持っていた福島は、自分の持ち馬ならベルリンからウラジオストックまで行ってみせると豪語しました。 ドイツ軍将校達は... もっと読む

    • 11月04日
    • 日記から
    • (1件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    歴史のうら、おもて<歴史は夜つくられる>

    歴史は夜つくられる--- と言っても、これは、映画のタイトルでも、小説のテーマでもない。 映画や演劇のおもて舞台で、華やかに活躍する俳優の背後に、 シナリオ作者、監督、演出者があるように、 「時代の変革」を記録する生きた歴史にも、 表面の舞台で華かに活躍した「時の立役者」を蔭であ... もっと読む

    • 10月18日
    • 日記から
    • (1件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    「日本の強さの秘密を探るー日本とユダヤの深い関係」

    ベン=アミー・シロニー教授 「日本の強さの秘密を探るー日本とユダヤの深い関係」 ベン=アミー・シロニー(ヘブライ語: בן-עמי שילוני‎、英語: Ben-Ami Shillony 1937年10月28日 - )は、イスラエルの歴史学者。ヘブライ大学名誉教授。イスラエル日本学会名誉... もっと読む

    • 09月22日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    【大東亜戦争】日本の諜報組織「東」とは

    東機関(TO機関、とうきかん)とは、大東亜戦争時、アメリカの戦争遂行能力や軍事作戦、国内世論等の情報収集を目的として大日本帝国(当時)外務省がスペインにて創設した情報収集組織である。 『東』の命名の由来は、「情報を盗みとる」の『盗』からきているといわれる。TO(諜報)機関とも。 by Wi... もっと読む

    • 08月27日
    • 日記から
    • (0件)
  • 日本歴史のエピソード

    日本歴史のエピソード

    手綱(たづな)さばきの極意

    (小田原攻めの)役で家康は、先鋒として惣の原(そうのはら)を押し通した。 また丹羽 長重(にわ ながしげ)・長谷川 秀一(はせがわ ひでかず)・堀 秀政(ほり ひでまさ)は日金越(ひかねごえ)を小田原に押し寄せ、屋根近い道筋を通ろうとして谷際を見下すと、家康の旗や馬印が目に入ったので、みな集... もっと読む

    • 07月06日
    • 日記から
    • (0件)