LSC綜合法律事務所(個人向けページ) | mixiページ

東京 多摩 立川の弁護士です。個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題についてご相談を承っております。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    債権調査の手続

    過払金の返還請求 引き直し計算の結果,「過払い金」が発生していることが判明した場合,貸金業者等に対して過払金を返還するように請求します。 現在では,交渉によってだけではまともに過払金を回収できない状況になっていますので,大半の場合,裁判によって過払金の返還を請求することになります。 詳し... もっと読む

    • 05月23日
    • 債務整理・過払い金返還請求から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    労災申請の弁護士報酬

    その他必要となる実費・費用 労働災害の損害賠償請求においては,上記弁護士報酬のほかに,実費等として,以下の費用がかかる場合があります。 証拠保全・民事保全・強制執行の手数料 1回につき,100,000円(税別) 訴訟等の日当 1回出頭につき,10,000円(税別) ※ ただし,1件に... もっと読む

    • 05月06日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    弁護士による労働災害の法律相談

    使用者・雇用主に対する直接の損害賠償請求 労災保険給付請求は,労働者側において使用者の過失を立証する必要が無く(無過失責任),しかも,認定されれば国庫から必ず支払いがされるという大きなメリットがあります。 もっとも,労災補償は,労働災害による損害の最低限度の補償を図ろうとするものですから,... もっと読む

    • 05月05日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所メールマガジンの第80号(2015年7月31日発行)のバックナンバーです。残業代等請求・遺産相続について掲載しています。 http://www.lsclaw.jp/mailmagazine/vol-80.html

    • 05月04日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    労働裁判のQ&A

    Q. 相手方の手元に証拠となる資料がありますが,相手方が開示してくれません。何か方法はありますか? A. 訴訟を提起して,その訴訟中において文書提出命令を申し立てるという方法もありますが,訴訟を提起する前の段階であれば,証拠保全手続という裁判手続を利用する方法があります。 Q. 証拠保全とは... もっと読む

    • 05月03日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所メールマガジン第95号を発行いたしました。よろしければご購読ください。 http://archives.mag2.com/0001611420/

    • 05月01日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判外での労働事件の解決手続

    Q. 交渉に自分が参加しなければならない場合もあるのでしょうか? A. はい。使用者側と直接交渉する場合には,弁護士と一緒に交渉の場に参加していただく場合もあります。もちろん,参加を拒否することもできます。その場合は弁護士だけで使用者と交渉いたします。 Q. 交渉が上手くいった場合,どのよう... もっと読む

    • 05月01日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    賃金・割増賃金のQ&A

    Q. 福利厚生費は賃金ですか? A. 福利厚生費の支払いは,原則として賃金には当たりません。もっとも,労働契約や就業規則で支払額や支払いの条件等が明確に定められている場合には,賃金に該当する場合があります。 Q. 業務関連費は賃金ですか? A. 実費などの立替払いの返金は,原則として賃金には... もっと読む

    • 04月28日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    休日・休暇・休業のQ&A

    Q. 休日労働をした場合,割増賃金を請求することができますか? A. はい。法定休日労働に対しては,最低でも基礎賃金の1.35倍の割増賃金(休日手当)をしなければならないとされています。他方,法定外休日労働に対しては,1.35倍以上の休日手当を支払う必要はありません。ただし,法定外休日における... もっと読む

    • 04月27日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    労働時間のQ&A

    Q. 三六協定がないのに残業をさせられています。使用者に何らかの罰則は科されないのでしょうか? A. 三六協定を締結せずに労働者に時間外労働させた場合,使用者は,6か月以下の懲役または30万円以下の罰金を処せられることがあります(労働基準法119条1号)。 Q. 残業をしたのですが残業代を支... もっと読む

    • 04月26日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)