LSC綜合法律事務所(個人向けページ) | mixiページ

東京 多摩 立川の弁護士です。個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題についてご相談を承っております。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    履行遅滞

    履行遅滞の成立要件 履行遅滞は,以下の要件を充たす場合に成立します。 ・履行が可能であったこと ・履行期を経過しても債務の履行がされなかったこと ・履行がされなかったことについて債務者に帰責事由があること ・履行がされなかったことが違法であること 詳しくは以下のページをご覧ください。 →... もっと読む

    • 08月27日
    • 各種法令のご紹介から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    債務不履行の類型

    履行遅滞 債務不履行の類型の1つに「履行遅滞」があります。履行遅滞とは,履行期に履行が可能であったにもかかわらず,履行期を渡過しても債務を履行しなかったという債務不履行のことをいいます。 履行遅滞による債務不履行責任が生ずる要件は,以下のとおりです。 ・履行が可能であったこと ・履行期を... もっと読む

    • 08月11日
    • 各種法令のご紹介から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所メールマガジンの第83号(2015年9月10日発行)のバックナンバーです。労働事件・自己破産・個人再生について掲載しています。 http://www.lsclaw.jp/mailmagazine/vol-83.html

    • 08月04日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    債務不履行

    債務不履行とは? 債務者が債務の本旨に従った履行をしなかった場合,法的責任を問われることになります。 この債務の本旨に従う履行をしなかったことを「債務不履行」といい,それによって問われる法的責任のことを「債務不履行責任」といいます。 詳しくは以下のページをご覧ください。 → http:/... もっと読む

    • 08月02日
    • 各種法令のご紹介から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    金銭債権・債務

    通常の債権債務の債務不履行責任の場合,債務者の故意・過失があることが要件とされています。 そのため,不可抗力によって損害が生じた場合,債務者は,その損害の発生は不可抗力であるから故意・過失はないと反論できます。 ところが,金銭債権債務の場合には,現金であれ振込であれ,金銭を支払えばよいだけ... もっと読む

    • 08月01日
    • 各種法令のご紹介から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    特定物債権と種類債権

    種類債権における目的物の品質 種類債権においては,法律行為の性質または当事者の意思によって,目的物の品質を定めることになります。 ただし,法律行為の性質または当事者の意思によって品質を定めることができないときは,中等の品質の物を引渡す必要があります。 何が中等の品質かは社会通念によって決... もっと読む

    • 07月28日
    • 各種法令のご紹介から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    債権・債務

    債権・債務とは 民事事件で紛争の対象となるのは,基本的に,物権と債権です。いずれも法律で認められた権利のことですが,物権が物に対する権利であるのに対し,債権は人に対する権利であるという点で違いがあります。 すなわち,債権とは,特定人に対してある一定の行為・給付を提供するように請求する法定権... もっと読む

    • 07月26日
    • 各種法令のご紹介から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の個人特定情報

    裁判員が,被告人やその関係者から不当な圧力を受けないようにする必要があります。 担当する事件が社会的にも重大な事件である場合には,世論やマスコミからの圧力からも保護されていなければならないでしょう。 そこで,裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)101条1項は,裁判員等を保護する... もっと読む

    • 07月23日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員裁判対象事件の例外

    罰条とは,要するに,犯罪と刑罰を定めた法律の条文のことです。この罰条は,検察官が裁判のはじめに明らかにすることになっています。 もっとも,この罰条は,検察官の判断によって,撤回したり変更したりすることができます。 罰条が撤回又は変更されることによって,裁判員裁判対象事件であったはずのものが... もっと読む

    • 07月22日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    特定調停

    Q. 債権者と直接対面することはあるのでしょうか A. 調停ですので,直接顔を合わせて話し合いをすることはありません。調停委員が,個室において,債権者・債務者を個別に呼んで個別に話を聞くというスタイルがとられます。 Q. どのような結論となるのでしょうか? A. 通常は,36回程度の分割払い... もっと読む

    • 07月20日
    • 債務整理・過払い金返還請求から
    • (0件)