LSC綜合法律事務所(個人向けページ) | mixiページ

東京 多摩 立川の弁護士です。個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題についてご相談を承っております。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の個人特定情報

    裁判員が,被告人やその関係者から不当な圧力を受けないようにする必要があります。 担当する事件が社会的にも重大な事件である場合には,世論やマスコミからの圧力からも保護されていなければならないでしょう。 そこで,裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)101条1項は,裁判員等を保護する... もっと読む

    • 07月23日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員裁判対象事件の例外

    罰条とは,要するに,犯罪と刑罰を定めた法律の条文のことです。この罰条は,検察官が裁判のはじめに明らかにすることになっています。 もっとも,この罰条は,検察官の判断によって,撤回したり変更したりすることができます。 罰条が撤回又は変更されることによって,裁判員裁判対象事件であったはずのものが... もっと読む

    • 07月22日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    特定調停

    Q. 債権者と直接対面することはあるのでしょうか A. 調停ですので,直接顔を合わせて話し合いをすることはありません。調停委員が,個室において,債権者・債務者を個別に呼んで個別に話を聞くというスタイルがとられます。 Q. どのような結論となるのでしょうか? A. 通常は,36回程度の分割払い... もっと読む

    • 07月20日
    • 債務整理・過払い金返還請求から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    相続放棄・消滅時効援用による借金の整理

    Q. 時効の期間中に貸金返還の裁判を起こされ判決が出ています。消滅時効はどうなるのでしょうか? A. 裁判を起こされたことによって時効は中断します。そして,判決が出てしまった場合には,仮に5年の消滅時効の権利であっても,一律に時効期間が10年間になってしまいます。つまり,さらに10年が経過しな... もっと読む

    • 07月19日
    • 債務整理・過払い金返還請求から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所メールマガジンの第82号(2015年9月5日発行)のバックナンバーです。自己破産・残業代請求について掲載しています。 http://www.lsclaw.jp/mailmagazine/vol-82.html

    • 07月08日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員裁判対象事件

    故意の犯罪行為でなければならないので,過失で人を死亡させた罪は含まれません。たとえば,業務上過失致死などは含まれないのです。 では,どのようなものが含まれるかと言うと,簡単に言うと,殺すつもりはなかったけれども故意の犯罪行為を行った結果,人を死なせてしまった場合です。 典型的なものは,殺そ... もっと読む

    • 07月04日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員への就職禁止事由

    立法権または行政権に属する場合 国会議員や国務大臣,防衛省を含む行政機関の一般職員,都道府県知事及び自衛官等は,前記裁判員法15条1項1号から3号までにおいて,裁判員になることができない者として規定されています。 これらの人が裁判員となり,業務を休業することは,国及び地方レベルの立法,行政... もっと読む

    • 07月01日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の職務

    公判への出席 刑事裁判の審理を公判といいます。裁判員は,裁判官とともにこの公判に出席しなければなりません。 公判では,冒頭手続,証拠調べ,意見陳述が行われます。裁判員は,このいずれの手続にも参加しなければいけません。 公判は公開の裁判で行われます。したがって,テレビなどで見るような法廷に... もっと読む

    • 06月30日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所メールマガジン第96号を発行いたしますた。よろしければご覧ください。 http://archives.mag2.com/0001611420/

    • 06月30日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員休暇

    裁判員であることを理由に仕事を休んだら,解雇や減給の対象となってしまうのではないかと心配される方も少なくないと思います。 しかし,裁判員として職務を行うことは,国民の義務とまで言えるかどうかは議論のあるところでしょうが,少なくとも公務であることは疑いありません。 上記労働基準法の規定による... もっと読む

    • 06月29日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)