LSC綜合法律事務所(個人向けページ) | mixiページ

東京 多摩 立川の弁護士です。個人の方の生活に関わる法律問題や中小企業の方の事業に関わる法律問題についてご相談を承っております。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の欠格事由

    国家公務員法38条1号の場合 成年被後見人とは,成年後見開始の審判を受けている人のことをいいます。簡単に言うと,自分ではものを考えることができなかったり,そういうことが難しい状態にあるため,後見人が付いている人のことをいいます。 被保佐人は保佐開始の審判を受けている人のことで,成年被後見人... もっと読む

    • 15:57
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の辞退事由

    重大な用務は,「自らがこれを処理しなければ当該事業に著しい損害が生じるおそれがあるもの」でなければなりません。 つまり,自分が担当になっていて,自分がその用務を処理しなければ,会社に大損害を生じさせてしまうような用務でなければならないのです。 したがって,例え重大な用務でそれをしないと会社... もっと読む

    • 06月27日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員制度を合憲とした最大判平成23年11月16日

    最高裁の判断 しかし,大法廷は,以下のような判断をしました。 まず80条1項の点ですが,下級裁判所については国民の司法参加を禁じている趣旨ではないから,裁判官と国民とで構成される裁判体がただちに80条1項の裁判所に当たらないとはいえないとして,同項の裁判所に当たるかどうかは,やはり他の規定... もっと読む

    • 06月26日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員保護のための制度

    裁判員が被告人から恨みを買い,報復を受けることを避けるため,裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(以下「裁判員法」といいます。)101条1項は,裁判員個人を特定することができる情報を公開することを禁止しています。 同条項は,裁判員の氏名や住所だけでなく,個人を特定するに足りる情報全般を公にす... もっと読む

    • 06月25日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    総量規制

    Q. 年収の3分の1を超える借入れが出来なくなったと聞いたのですが,本当でしょうか? A. はい。貸金業法の改正によって,今後は年収の3分の1を超える借入れは禁止されることになっています。 Q. 総量規制とは何ですか? A. 個人の借入れ総額が,年収の3分の1までに制限される制度のことを「総... もっと読む

    • 06月20日
    • 債務整理・過払い金返還請求から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所メールマガジンの第81号(2015年8月30日発行)のバックナンバーです。残業代請求・自己破産・個人再生について掲載しています。 http://www.lsclaw.jp/mailmagazine/vol-81.html

    • 06月13日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の不適格事由

    裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)13条によれば,裁判員に選任されるのは,衆議院議員の選挙権を有する人です。 もっとも,衆議院議員選挙権を有する人であっても,裁判員法第14条の欠格事由がある場合や,第15条の就職禁止事由がある場合には,裁判員となる資格がないとされています。 ... もっと読む

    • 06月12日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員の資格

    日本に住んでいれば誰でも裁判員に選ばれる可能性があるわけではありません。裁判員に選任されるのは,一定の資格要件を充たしている人だけに限られます。 この裁判員の資格要件のうちで最も基本的な要件(一般的要件)は,上記裁判員法13条のとおり,「衆議院議員の選挙権を有する者」であることです。そのため... もっと読む

    • 06月11日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    裁判員制度

    かつては,国民サイドからも法曹サイドからも素人が刑事裁判を行うことができるのかという共通の不安感が吐露されていました。 しかし,現在のところ,個々の事件に対して批判は生じても,裁判員制度自体に対して,裁判員制度だから裁判ができなくなったというような状況には陥っていません。 もっとも,制度開... もっと読む

    • 06月10日
    • 刑事事件(私選弁護人)から
    • (0件)
  • LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    LSC綜合法律事務所(個人向けページ)

    労災事故が起きた場合の使用者の責任

    使用者・企業が負う行政上の責任 労災事故が起きた場合,前記の民事責任や刑事責任のほか,使用者・事業主は行政上の責任を負担することもあります。 行政上の責任を負うというのは,要するに行政指導や行政処分を受けるということです。 どのような行政処分を受けるのかは,業種や労災の内容・程度にもより... もっと読む

    • 06月08日
    • 労働問題・雇用問題から
    • (0件)