徒然

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 此岸堂と彼岸堂【設定練る場所】

    • 12月03日
    • つぶやきから
    • 16件
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    春高バレーの決勝みて号泣するまひるちゃん下さい

    • 01月24日
    • つぶやきから
    • (5件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    独り言

    読まなくてもいい系 きちんとした話にしようとして 整合性やら色々なものがとれないまま頭の隅にちょんと居るような そういうお話です。お話っていうか本当に独り言 大切な事に気付かないってよくある話 自分でもよくわからない感情をまぁいいか、と置きっ放しにして 解決しないのが深琴の癖... もっと読む

    • 01月24日
    • 日記から
    • (4件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    とびだせ よすが村

    • 01月20日
    • つぶやきから
    • (14件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    あけおめっ☆←

    狐月「えー、あれですね、見事に明けましたね。えぇ明けましておめでとうございます」 詠悸「・・・・・」 南於「・・・・・」 狐「え、なに?」 詠「いや、何って言うか・・・」 南「・・・・遅くね?」 狐「えっ」 南「もう年明けて8日過ぎてんぞ、どーかんがえても遅いだろ」 狐「いや、世の中普通の... もっと読む

    • 01月08日
    • 日記から
    • (0件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    つぶやき

    • 12月17日
    • つぶやきから
    • (8件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    【第一頁「八重桜の玉簪」】此岸堂と彼岸堂【1】

    おかしい そう思って何度懐中時計を確認しただろう あの人が、仕事の用事で遅刻をした事は今まで一度も無い、 もしかして何かあったのだろうかと心配をしてもこんな街中では連絡の取りようもなく、 むしろ今まさにこちらに向かっている途中かも知れないと 千里は小さく頭を振り、溜め息を吐きながら再度手元の... もっと読む

    • 12月03日
    • 日記から
    • (0件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    此岸堂と彼岸堂【設定練る場所】

    • 12月03日
    • つぶやきから
    • (16件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    此岸堂と彼岸堂【人物紹介】

    宮田依織【人間】 古書店【此岸堂】の店主、25歳 祖父の若い頃と瓜二つの顔を持ち、その顔のお陰で綴・継と出会う 妖怪の存在は信じつつも元々の素質の所為か、力の弱いアヤカシを認識するのは苦手 料理が壊滅的に下手 綴【猫又】 古書店【此岸堂】の看板猫 元々は依織の祖父に飼われていた猫だ... もっと読む

    • 11月30日
    • 日記から
    • (0件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    此岸堂と彼岸堂

    「お豆腐、油揚げ、白菜・・・あれ?何か忘れてない?」 黄昏時、帰路へ急ぐ人混みに紛れ、足早に歩く少年は 背負った風呂敷に包まれている食材の数々を指折り数えながら どうにも腑に落ちないと言った顔で小首を傾げる。 「あぁ、まだ秋刀魚を買っていませんでしたね」 傍らで手帳を開いた青年がその疑問... もっと読む

    • 11月29日
    • 日記から
    • (0件)
  • 古書の紙魚

    古書の紙魚

    つぶやき

    • 11月20日
    • つぶやきから
    • (29件)

おすすめワード