法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    経営者保証ガイドラインによる保証債務整理の要件

    保証債務を整理するために経営者保証ガイドラインによる保証債務整理を行う場合の要件は,以下のとおりです。 ・保証契約の主たる債務者が中小企業であること ・保証人が個人であり,主たる債務者である中小企業の経営者(または,実質的な経営権を有している者・営業許可名義人・経営者とともに事業に従事する... もっと読む

    • 09:19
    • 倒産の基礎知識から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社破産の注意点

    法人・会社の破産と個人破産 法人・会社は,個人と異なり,非常に複雑な法律関係を抱えています。 取引先や顧客との法律関係はもちろん,会社内部においても,従業員との労働・雇用関係という法律関係がありますし,財産も個人に比べて多種多様です。 負債額や債権者の数も,個人の負債に比べれば,はるかに... もっと読む

    • 09:13
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    経営者保証に関するガイドライン

    経営者保証ガイドラインの対象となる債権・債務 経営者保証ガイドラインによる債務整理の対象となるのは,対象債権者が有する保証債務履行請求権(債務者側から見れば保証債務)です。 法人・会社の場面において経営者保証ガイドラインを利用する場合の「対象債権者」とは,主たる債務者である中小企業に対する... もっと読む

    • 06月14日
    • 倒産の基礎知識から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    倒産手続

    倒産手続とは 倒産とは,一般的に,法人または個人が経済的に破綻し,弁済期にある債務を一般的・継続的に弁済できない状態に陥ることをいいます。この倒産に関する各種の処理を行う手続を「倒産手続」と呼ぶことがあります。 もっとも,実際には,倒産手続という名称の法制度はありません。倒産手続という用語... もっと読む

    • 06月13日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    特別清算の弁護士費用

    債権者数に応じた追加料金 債権者数が20名以下 追加料金なし 債権者数が20名を超える場合 追加料金として100,000円(税別)を頂戴します。 さらに20名を超える部分につき,10名ごとに,50,000円(税別)が追加となります。 例えば,債権者数が85名であった場合には【100,0... もっと読む

    • 06月13日
    • 清算・特別清算から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始決定の効果

    破産手続が開始されると,破産者の財産は破産財団として管理処分されることになります。 法人・会社の破産の場合には,個人の破産の場合のように,破産者である法人・会社の手元に残しておける自由財産はありません。したがって,すべての財産が破産財団に組み入れられます。 破産手続が開始されると,この破産... もっと読む

    • 06月12日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    弁護士による特別清算の無料相談

    無料相談の流れ・ご持参いただきたい書類・資料 弁護士による株式会社の特別清算の無料相談は,予約制です。まず,お電話【 042-512-8890 】から通常清算の無料相談をご予約いただく必要があります。 ご予約において定めた日時に,LSC綜合法律事務所までお越しいただき,直接,弁護士がご相談... もっと読む

    • 06月12日
    • 清算・特別清算から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    帳簿上黒字の場合の破産

    支払停止の場合 支払停止がある場合には支払不能が推定されます。 実際にすでに,閉店や銀行取引停止処分等によって支払停止に陥っている場合には,そのことを主張すれば,支払不能であると推定されますので,具体的な証明は不要となります。 ただし,支払停止はあくまで法律上の推定ですので,債権者等が支... もっと読む

    • 06月11日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社清算(通常清算)の弁護士費用

    債権者数に応じた追加料金 債権者数が20名以下 追加料金なし 債権者数が20名を超える場合 追加料金として100,000円(税別)を頂戴します。 さらに20名を超える部分につき,10名ごとに,50,000円(税別)が追加となります。 例えば,債権者数が85名であった場合には【100,... もっと読む

    • 06月11日
    • 清算・特別清算から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    債務超過の判断

    債務超過の判断の基準時 債務超過であるかどうかは,破産手続開始原因があるかどうかの問題です。 したがって,債務超過であるかどうかは,破産手続開始決定(破産手続開始の申立ての却下決定)の時点を基準時として判断されることになります。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 → https://w... もっと読む

    • 06月08日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)