法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    継続的給付目的双務契約の処理

    破産手続開始時において,双方未履行の継続的給付目的双務契約が存続していた場合,破産管財人は,契約を解除せずに,破産者の債務を履行して相手方の債務の履行を請求することもできます。 管財業務遂行のために継続的給付目的双務契約を維持しておかなければならない場合があります。その場合,破産管財人は,履... もっと読む

    • 11月16日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    双方未履行双務契約の相手方の催告権

    相手方の催告権の効果 双方未履行双務契約の相手方には催告権が認められています。 相手方が催告権を行使した場合,破産管財人は,催告において定められた相当の期間内に,双方未履行双務契約を解除するのか,それとも履行請求をするのかを決めて,その結論を相手方に対して回答しなければならなくなります。 ... もっと読む

    • 11月14日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    東村山市で法人・会社の自己破産申立てをお考えの方。東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では「無料相談」となっておりますので,まずはご相談ください。お待ちしております。 https://www.lsclaw.jp/higashimurayama/bankruptcy.html

    • 11月13日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    法人破産に強い弁護士をお探しの方へ

    3 東京地裁立川支部で破産管財人を務めています! 自己破産申立て代理人としての活動だけでなく,東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所の弁護士は,東京地方裁判所立川支部の破産管財人にも選任されています。そのため,裁判所がどのような方針をとっており,また個々の問題に対してどのような判断をしているの... もっと読む

    • 11月12日
    • 事務所案内から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    個人事業主の自己破産における財産の処分

    個人事業者・自営業者の自己破産において処分が問題となる財産 自己破産において処分しなければならないのは「自由財産に該当しない財産」であるという点は,非事業者であっても個人事業主・自営業者の方であっても同じです。 ただし,個人事業者・自営業者の方の場合は,非事業者と異なり,生活に必要な財産だ... もっと読む

    • 11月08日
    • 破産(個人事業主)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    個人事業者の自己破産における少額管財

    問題となってくるのは,個人事業者・自営業者の自己破産の場合でも,少額管財にしてもらえるのか,という点です。 結論から言えば,個人事業者・自営業者の自己破産の場合でも,少額管財にしてもらうことは可能です。 というよりも,むしろ,少額管財になるのが通常と言ってよいでしょう。通常の管財手続(特定... もっと読む

    • 11月06日
    • 破産(個人事業主)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所では,個人事業者・自営業者の方の個人再生の無料相談を承っております。 http://www.shakkinseiri.jp/kojinsaisei/kojinjigyou/muryousoudan.html

    • 11月01日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産法53条1項に基づく解除権の制限

    解除権が制限された場合の処理 「契約を解除することによって相手方に著しく不公平な状況が生じるような場合」には,破産法53条1項に基づく解除権は制限されます。 したがって,その場合,破産管財人は,履行請求を選択するほかないということになります。 履行請求を選択する場合は,裁判所の許可を得た... もっと読む

    • 11月01日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産法53条1項に基づく破産管財人の選択権

    破産管財人による選択の判断基準 破産法53条1項に基づいて双方未履行双務契約を解除するか履行請求するかについては,法律で決められた選択の基準はありません。破産管財人の裁量に委ねられています。 とはいえ,もちろん全くの自由裁量というわけではありません。 破産管財人の職務の目的は破産財団を最... もっと読む

    • 10月31日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    双方未履行双務契約の意味

    破産手続開始前に成立した契約であること 破産法53条1項が適用される双方未履行双務契約は,破産手続開始前に成立したものに限られます。 破産手続開始後に破産者が締結した契約は,破産管財人の管理処分権に服さないので,破産法53条1項の適用はありません。 法人・会社の場合にはあまり考えられませ... もっと読む

    • 10月30日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)