会社・事業者の破産Mixi相談室 | mixiページ

法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団の調査

    債権の調査 前記のとおり,破産手続は,破産財団に属する財産を換価処分して,それによって得た金銭を各債権者に対して配当または弁済する手続です。 そして,各債権者に対して,公平,平等そして正確に配当や弁済をするためには,まず,どのような債権があるのか,その債権の正確な金額はいくらか,債権につい... もっと読む

    • 01月17日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の業務

    破産管財人は,破産財団に属する財産にどのようなものがあるのか,その財産の権利関係や担保の有無,否認権行使の対象となる財産はないかなどを調査することになります。 調査の方法は特に決められていません。破産者側からの聴取や報告のほか,各種帳簿類や資料の精査,現地での確認,関係者や債権者からの情報提... もっと読む

    • 01月16日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の選任

    破産管財人は裁判所によって選任される法的機関ですが,破産法上,破産管財人になることについて必要とされる資格に限定はありません。 もっとも,破産管財人の職務を遂行するためには破産法等の専門的な法的知識が要求されるため,実際に破産管財人に選任されるのは,ごくわずかな例外を除いて,弁護士です。 ... もっと読む

    • 01月13日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の義務

    破産管財人には,管財業務の遂行について,以下の法的義務が課されています。 ・善管注意義務 ・公正中立義務 ・忠実義務 ・報告義務 詳しくは以下の記事をご覧ください。 → https://www.houjintousan.jp/hasan/hasankanzainin/gimu.html

    • 01月12日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の地位

    破産管財人は,破産手続開始決定と同時に,裁判所によって選任される破産手続における機関の1つです(破産法31条1項,74条)。 ただし,機関とは言っても,実際に破産管財人として選任されるのは,個人の弁護士等です。 破産管財人は,破産法人・会社の財産の管理処分権を有し,その財産を換価処分して破... もっと読む

    • 01月11日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    誠に勝手ながら,LSC綜合法律事務所では,平成28年(2016年)12月29日から平成29年(2017年)1月4日までお休みをいただいくことになっております。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。 http://www.lsclaw.jp/entry/h28-h29.html

    • 12月28日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人

    破産法はその目的の1つに破産者の経済的更生を図ることも挙げています(破産法1条)から,その点からすると,破産者の代理人的な立場もあるといえます。 つまり,破産管財人は,債権者の代理人的な立場にありますが,それだけではなく,破産者の経済的更生も図らなければならないという両面的な立場にあるという... もっと読む

    • 12月28日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始前の保全処分

    破産手続開始の申立てから開始決定までのタイムラグの間に,債務者が財産を処分してしまったり,または,特定の債権者が債権回収を図ろうとしてしまうなどの事態が生じるおそれがあります。 しかし,債務者が財産を処分してしまうと債権者に弁済または配当する破産財団が減少してしまいますし,特定の債権者だけが... もっと読む

    • 12月27日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    東京地裁の特定管財

    配当手続等 前記のとおり,管財業務が完了し,あとは各債権者への配当を残すのみという場合には,配当をするための配当期日が指定されます。 なお,配当期日はあくまで形式上の期日で,実際には,その期日までにすでに配当処理は終了しています。 したがって,配当期日には,破産者は出頭する必要がありませ... もっと読む

    • 12月25日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    特定管財になる場合

    特定管財事件とされる基準 もともと,破産事件は,現在で言うところの特定管財が原則的な形態とされていました。 しかし,特定管財が原則であったということは予納金も高額であったということです。それでは,予納金の金額がネックとなって,支払に窮している人が破産手続を利用できなくなることがありました。... もっと読む

    • 12月23日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)