法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始の形式的要件

    破産手続開始の形式的(手続的)要件としては,以下のものがあります。 ・申立ての方式に不備がないこと(破産法20条) ・申立人に申立権があること(同法18条,19条等) ・債務者に破産能力があること ・管轄違いを除き裁判所の管轄が正しいこと(同法4条,5条) ・手数料を納付したこと(同法21条... もっと読む

    • 05月16日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始決定(破産宣告)

    形式的・手続的要件(申立ての適法性) 破産手続を開始してもらうためには,破産手続開始の形式的・手続的要件が充たされている必要があります。 形式的・手続的要件が充たされていない場合には,後述の実質的要件を審査するまでもなく,申立ては却下されることになります。 破産手続開始の形式的・手続的要... もっと読む

    • 05月15日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    役員の財産に対する保全処分

    取締役・理事等の役員が法人・会社に対して損害賠償責任を負う場合,破産手続開始後,破産管財人が,当該役員に対し損害賠償を請求することになります。 この取締役・理事等の役員に対する損害賠償請求権も,破産財団に属する財産です。 したがって,実際に損害賠償請求権が支払われると,支払われた金銭は破産... もっと読む

    • 05月14日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    他の手続の中止命令

    他の手続の中止命令発令の効果 破産手続が開始されると,その開始の効力として,破産財団に属する財産に対する強制執行等で,破産債権や財団債権に基づくものはできなくなります(破産法42条1項)。 また,破産手続が開始されると,破産手続開始前からすでにされている強制執行等は,破産財団に対して効力を... もっと読む

    • 05月08日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始前の第三者に対する保全処分

    破産法では,第三者,特に債権者の行為や債務者自身の行為による債務者財産の散逸等を防ぐため,第三者に対して効力を生じる保全処分を用意しています。具体的には,以下の保全処分があります。 他の手続の中止命令・取消命令 包括的禁止命令 否認権のための保全処分 役員財産に対する保全処分 詳しくは以下... もっと読む

    • 05月07日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    保全管理命令

    保全管理命令の効力 法人・会社が債務者である場合,裁判所は,利害関係人の申立てによりまたは職権で,破産手続開始の申立て後破産手続開始前に,債務者の財産に関し,保全管理人による管理を命ずる処分をすることができます(破産法91条1項)。 この保全管理命令が発令されるのと同時に,裁判所により保全... もっと読む

    • 05月02日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始前における債務者の財産に関する保全処分

    債務者の財産に関する保全処分の効力 裁判所は,利害関係人の申立てによりまたは職権で,破産手続開始の申立て後破産手続開始前に,債務者の財産に関し,その財産の処分禁止の仮処分その他の必要な保全処分を命ずることができます(破産法28条)。 ここでいう「処分禁止の仮処分その他の必要な保全処分」とは... もっと読む

    • 05月01日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始前の保全処分

    債務者の財産は,破産手続開始後,破産財団として管理・換価処分され,債権者に対する弁済または配当の原資となりますから,財産の散逸は極力防止しなければなりません。 そこで,破産手続開始の申立てから破産手続開始決定までの間に破産者である法人・会社の財産が散逸することを防ぐため,破産法では,財産散逸... もっと読む

    • 04月27日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    自営業者・個人事業者の個人再生

    継続・反復して収入を得ていること 小規模個人再生は,「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込み」,つまり安定収入の見込みがなければ利用できません。 自営業者・個人事業者の場合,サラリーマンなどと異なり,確実な安定収入がなく,収入の変動の幅が大きい場合があります。 そのため,自営業... もっと読む

    • 04月24日
    • 民事再生(法人再生)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始前の保全処分

    保全管理命令 債務者による財産処分を制限するための保全処分として,「保全管理命令」があります(破産法91条)。 保全管理命令とは,利害関係人の申立てまたは職権で,裁判所が,法人である債務者の財産に関して,保全管理人による管理をするように命じることをいいます。 前記債務者の財産に関する保全... もっと読む

    • 04月23日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)