法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産会社の税務申告

    法人税の税務申告・確定申告 法人・会社は,事業を行うに当たって,法人税を負担します。 法人税については,当該法人・会社の各事業年度終了の日の翌日から2か月以内に確定申告をしなければならず(法人税法74条2項),それに基づいて法人税の有無やその額が確定されることになります。 破産手続開始時... もっと読む

    • 11:53
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の税務

    破産管財業務によって発生した税金に関する税務 破産管財人は,例えば,経理処理や仕掛業務遂行のため,破産者である法人・会社の従業員を再雇用したり,第三者に依頼をしたり,または,前記確定申告のために税理士に依頼をするような場合があります。 これらの場合,破産管財人は,雇用した者や依頼をした税理... もっと読む

    • 12月09日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    法人破産の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

    自己破産というと,すべての「終わり」を連想させます。もちろん,法人・会社はなくなってしまいますが,新しいスタートの「始まり」でもあります。法人・会社の自己破産申立てをすることには,以下のようなメリットがあるからです。 ・法人・会社の負債・債務は,滞納税金も含めてすべて消滅します。 ・負債・債... もっと読む

    • 12月05日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産会社の税務申告

    法人税の税務申告・確定申告 法人・会社は,事業を行うに当たって,法人税を負担します。 法人税については,当該法人・会社の各事業年度終了の日の翌日から2か月以内に確定申告をしなければならず(法人税法74条2項),それに基づいて法人税の有無やその額が確定されることになります。 破産手続開始時... もっと読む

    • 12月04日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の税務

    破産管財人が確定申告をする場合,以下のとおり,確定申告の事業年度は通常の事業年度と異なる扱いになります。 解散事業年度:事業年度開始の日から破産手続開始決定日まで 清算事業年度:破産手続開始決定の翌日から通常事業年度の末日まで 清算事業年度:通常事業年度末日の翌日から通常事業年度の末日まで ... もっと読む

    • 12月03日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人による調査

    申立人・債務者から法人・会社の帳簿類等の引継ぎを受けて,その資料を精査します。 申立人や債務者だけでなく,債権者や利害関係人等から情報提供を受けることもあります。積極的に,破産管財人から債権者や利害関係人に対して照会を行って調査をすることもあります。 事業所や倉庫などがある場合には,現地に... もっと読む

    • 12月02日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の業務

    破産財団の調査,占有・管理,換価処分 破産管財人の職務のうちで最も主要な業務は,破産財団の調査,占有・管理,換価業務です。 破産財団とは,「破産者の財産又は相続財産若しくは信託財産であって,破産手続において破産管財人にその管理及び処分をする権利が専属するもの」のことをいいます(破産法2条1... もっと読む

    • 12月01日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人が職務上の義務に違反した場合

    破産法は,破産管財人に対して,適正な破産管財業務の遂行を担保するため,以下のような法的義務を課しています。 ・善管注意義務(破産法85条1項) ・公正中立義務 ・忠実義務(民法108条,826条,会社法355条等) ・報告義務 破産管財人がこれらの義務に違反した場合,裁判所によって解任され... もっと読む

    • 06月13日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人の裁判所に対する報告義務

    破産管財人は,破産手続き開始後に遅滞なく,破産者が破産手続開始に至った事情等を裁判所に報告しなければならないとされていますが,それだけでなく,裁判所が定めるところにより,破産財団に属する財産の管理・処分の状況等を裁判所に報告しなければならないとされています(破産法157条2項)。 破産管財人... もっと読む

    • 06月12日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産管財人に対する監督

    破産管財業務は,内容的に多岐にわたる上,迅速性が求められます。そのため,破産管財人には,破産管財業務の遂行についてかなり広汎な裁量が認められています。 とはいえ,まったくの自由ではありません。当然,破産法の規定に従って職務執行がされなければなりません。 また,破産管財人に与えられている裁量... もっと読む

    • 06月09日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)