法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    法人破産と代表者債務整理に強い弁護士をお探しの方へ

    代表者・経営者・社長の債務整理には各種の方法があります。 債務整理といっても,さまざまな方法があります。 それぞれの方のご事情に応じて,適切な債務整理方法を選ぶ必要があります。 代表者・経営者・社長個人の債務整理方法として,具体的には,自己破産,個人再生,任意整理,経営者保証ガイドラインを... もっと読む

    • 08:26
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    個人事業者・自営業者の自己破産に強い弁護士をお探しの方へ

    個人事業主・自営業者の自己破産申立ては弁護士に依頼した方がよい? 自己破産には,前記のとおり,借金の支払い義務をすべて免除できるという非常に強力な効果があります。 しかし,その反面,個人事業・自営業の廃業や財産の処分など各種のデメリットがあります。また,免責不許可事由に該当するような行為を... もっと読む

    • 09月25日
    • 破産(個人事業主)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    売買契約の売主が破産した場合

    引渡債務は未履行・代金債務は履行済みの場合 売主はまだ目的物を引き渡していないものの,買主はすでに代金を支払っている場合,買主がすでに目的物の所有権を取得しているときは,買主は,取戻権を行使して,破産管財人に対して目的物の引渡しを求めることができます。 もっとも,破産管財人は,売買契約の当... もっと読む

    • 09月20日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    売買契約の処理

    売主の目的物引渡債務は未履行・買主の代金支払債務は履行済みである場合,相手方である買主は,代金支払いにより目的物の所有権を取得しているのであれば,取戻権を行使して,破産管財人に対して目的物の引渡しを求めることができ,破産管財人はこれに応じなければなりません。 ただし,目的物が対抗要件を要する... もっと読む

    • 09月19日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    当然に終了する契約

    委任契約とは,当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し,相手方がこれを承諾することによって効力を生じる契約のことをいいます。 前記のとおり,委任契約は,当事者の一方が破産手続開始決定を受けることによって,当然に終了します(民法653条2号)。 破産手続開始決定を受けたのが委任者であ... もっと読む

    • 09月18日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    片務契約の処理

    片務契約の債務者である法人・会社が破産した場合 片務契約における債務者である法人・会社が破産した場合,その相手方である債権者が有する債権は破産債権として扱われることになります。 例えば,金銭消費貸借契約の場合,金銭の支払いをする債務者である法人・会社が破産すると,金銭の支払いを受けるはずだ... もっと読む

    • 09月14日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    中小企業の自己破産に強い弁護士をお探しの方へ

    中小企業の自己破産申立てに実績のある東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にお任せください。 中小企業の破産手続には,弁護士のサポートが必要です。 しかし,どの弁護士でも良いというわけではありません。実績・経験が必要となってきます。 以下のとおり,LSC綜合法律事務所には多くの実績... もっと読む

    • 09月13日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    契約類型ごとの処理の違い

    継続的給付を目的とする双務契約の処理 ガス・電気・水道の供給契約など継続的給付を目的とする双務契約は,当事者の一方について破産手続が開始すると,当事者双方の将来の債務が未履行となります。 したがって,継続的給付を目的とする双務契約については,双方未履行双務契約として破産法53条1項の適用が... もっと読む

    • 09月06日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    法人・会社の契約関係

    破産法に特別の規定がない契約類型であっても,それぞれに処理の仕方が異なってきます。 法人破産・会社破産の手続においてよく問題となる契約類型のうちで,破産法に特別の規定がない契約としては,以下のものがあります。 ・売買契約 ・請負契約 ・リース契約 ・保険契約 さらに言うと,契約類型が同じ... もっと読む

    • 09月05日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    法人・会社の在庫品や原材料

    法人・会社について破産手続が開始されると,その法人・会社が有する一切の財産が破産財団に属し,破産管財人によって管理・処分されることになります(破産法34条,78条1項)。 換価処分によって得られた金銭は,破産管財業務の費用に充てられ,余剰が各債権者に対して弁済または配当されます。 換価処分... もっと読む

    • 09月04日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)