法人・会社の破産手続をはじめとする倒産手続について,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所が詳しくご案内いたします。無料相談のご予約は【 042-512-8890 】にお電話ください。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社財産の調査

    申立て書類の精査のほか,破産管財人は,直接,申立人や債務者から事情を聴取し,破産財団を調査します。 法人・会社の自己破産の場合,申立人・債務者とは当該法人・会社ですが,観念的な存在である法人から話を聞くことはできません。 したがって,現実には,当該法人の代表者や役員または財産状況を把握して... もっと読む

    • 07月23日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団の変動

    破産財団に属する財産の回収 破産手続開始時点ですでに破産財団に属すべき財産がすべて回収され尽くしているわけではありません。 したがって,破産管財人は,破産手続開始以降,まだ回収されていない財産を回収していかなければなりません。この財産回収業務は,破産管財人の最も中心的な業務といえるでしょう... もっと読む

    • 07月20日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団の範囲

    破産手続開始前の原因に基づく将来の請求権 破産財団には,「破産者が破産手続開始前に生じた原因に基づいて行うことがある将来の請求権」も含まれます(破産法34条2項)。 将来の請求権とは,停止条件付債権や期限付債権であって,破産手続開始時においてはまだ条件成就や期限の到来がないもののことをいい... もっと読む

    • 07月19日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団の時的限界

    わが国の破産法においては,破産者が破産手続開始の時において有する一切の財産を破産財団とするものとしています(破産法34条1項)。つまり,固定主義を採っているということです。 固定主義を採用した理由としては,破産手続を迅速に終結し得ること,新得財産は破産財団に組み入れられないとすることによって... もっと読む

    • 07月18日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団の法的性質

    破産管財人に法主体性を認める見解 前記の通説的見解に対しては,破産財団に法人格を認める実体法上の根拠条文が無い点が批判されています。 そこで,近時は,財産の集合体にすぎない破産財団ではなく,財産の管理処分権を有する管理機構である破産管財人に法主体性を認める見解が有力説とされています。「管理... もっと読む

    • 07月17日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団の内容

    現有財団 破産財団のうち「現有財団」とは,破産管財人が現実に占有・管理している破産財団のことをいいます。 破産手続開始時において,破産者である法人・会社の財産がすべて調査・回収されており,一切の財産がすぐに破産管財人の管理下に置かれる,ということはあまりないでしょう。 また,現有財団の中... もっと読む

    • 07月13日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    個人事業者破産の経験豊富な弁護士をお探しの方へ

    破産管財人実績もあるため,確実な自己破産の進め方をご提示します 個人事業主・自営業者の自己破産の場合には,非事業者である個人の自己破産の場合と異なる債権者対応,財産調査などが必要となってきます。もちろん,個人破産と同様に,免責の調査も必要となってきます。 このように個人の破産としての対応と... もっと読む

    • 07月13日
    • 破産(個人事業主)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産財団

    破産財団に属する財産の範囲 破産財団は,破産管財人によって管理され,換価処分の対象となる財産の集合体を意味しています。したがって,破産管財人による管理処分の対象とならない財産は,破産財団に含まれないということです。 もっとも,法人・会社の破産手続の場合には,個人の破産と異なり,破産財団から... もっと読む

    • 07月12日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    弁護士による自営業者の破産の無料相談

    個人事業主の自己破産のご相談は完全に「無料」です 東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所では,個人の自己破産申立て経験豊富な弁護士による「無料相談」を実施しております。 ・個人事業主・自営業者の方の自己破産のご相談は,完全に「無料相談」です。名目を問わず,金銭を頂戴することはありま... もっと読む

    • 07月12日
    • 破産(個人事業主)から
    • (0件)
  • 会社・事業者の破産Mixi相談室

    会社・事業者の破産Mixi相談室

    破産手続開始の付随処分

    破産手続開始決定時の公告 破産手続開始の付随処分として,裁判所は,破産手続開始後,一定の事項を公告しなければならないとされています。 具体的には,破産手続開始後ただちに,以下の事項を公告しなければなりません(破産法32条1項,2項)。 ・破産手続開始決定の主文 ・破産管財人の氏名または... もっと読む

    • 07月11日
    • 破産(法人・会社)から
    • (0件)