絵を描いたり、詩歌や短歌、俳句を詠んだりしています。 いろいろ詠んでいます。現在100のお題に挑戦中。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『白紙』

    取っ散らかった心をどうにかしたい するべきことに手をつけられないまま 日々に上塗りされてゆく 手帳の余白が増してゆく 焦りばかりで手づかずのまま 飛ぶように時間はすぎてゆく 自分が何をするべきか そんなことは判っているんだ それができないから途方に暮れる 体がざわついて叫び出しそう 理性... もっと読む

    • 05月19日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    大熱波記念日絵 20190514

    ゲーム『BAROQUE』の記念日が昨日だったので、 それに合わせて今年も絵を描きました。 私設ファンサイト灰十字にて、特設頁を開設中。 http://www.miath.com/Cros/index.html イラスト用ブログではラフ画なども展示中です。 http://lei... もっと読む

    • 05月15日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『星狩り』

    言葉のあちこちに光があるなら 心のなかにもあるはずだから その流星を追いかけて 胸の深くに降りていこう 今日も星を狩りにいく なかなか骨の折れる仕事だけれど やめられないままずいぶん経つよ きらめきを知ってしまうとね 星の光は過去にもあって 思い返せば触れられるだろう もともと過去のきらめ... もっと読む

    • 05月05日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『ハーバリウム』

    雨のなかでもきみはうつくしく 日の沈まない夜のような空のした それはうつくしくて ぼくは泣いたよ ハーバリウムはホルマリン漬け きみの姿をあるがままに留めるけれど すこし苦しくなって 伸ばす手を止めた 本物の美をいちど目にしてしまうと 綺麗な写真も死と等価になるね 残酷な現実 どうしてなの... もっと読む

    • 04月25日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『人形』

    人形たちは見ている 変わらない刻のなかで 流れゆく刻を見ている 子らの成長を見ている こごった刻のなかで 動き続ける刻を見ている 人に心が存在するなら 人形たちにもあるはずだ 見えぬ奥行きがあるはずだ わたしたちの神が人を おなじ姿に創ったように わたしたちが神々を おなじ姿で創ったよ... もっと読む

    • 04月04日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    おや?

    いつの間にやら表示フォントが変わってる Σ( ̄△ ̄;)

    • 04月04日
    • 管理人つぶやき。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『Knot』

    みずみずしかったな 昔のほうが 自分の書いたものを見て思う 昔はみんなみずみずしい それはそうかもしれないけれど 自分に欠けてしまったものが どこかに隠れた気がするのです なくして目に見えなくなって 知らず知らずに消え失せた 心が老いてしまったような 恐れが胸のうちにあります やわらかな... もっと読む

    • 03月31日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『花冠』

    いのち 入れ替わり さくら 立ち替わり どの花も繋いで 還っては 舞い踊る ひとも 立ち替わり いのち また還る いつか会おうと 花と咲み 帰途につく 花冠をあげよう イマージュの きみはクオーツ 刻止めた針 テキスト頁Amhran http://... もっと読む

    • 03月26日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    詩歌『置物』

    棚に飾っていた馬の置物 ふとした瞬間に落としてしまって 後ろの脚を折ってしまった ガラスの脚と言われる馬の だいじなだいじな後ろ脚 一本折れてはずれてしまった 糊では当然くっつかず 接着剤を買おうかと迷う 気に入っていた馬の置物 過去の自分がもし本当に だいじされていたならば こんなふう... もっと読む

    • 03月24日
    • 作品展示ページ。から
    • (0件)
  • ミァハ(双星たかはる)

    ミァハ(双星たかはる)

    『最後の3分間』について

    始め、カクヨムのお題『最後の3分間』で詩歌を書いたのですが、 わたしの詩歌では1200文字以上には伸ばせないので、では! とばかりに この詩歌を軸に、10年以上まえから好きな作品の二次創作で掌編(短編小説)を 書いたのでしたが、二次創作の作品はカクヨムで許可されている作品のみ、 ということで投... もっと読む

    • 03月24日
    • 管理人つぶやき。から
    • (0件)