平凡な日頃の出来事など写真で日記を書きながら、スプーン一杯の幸せ求めて人生を楽しんでます。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    梅雨の晴れ間『黄色い笑顔』・・

     今日の磐余の里は曇天でしたが、午後にはバケツをひっくり返したような雨が降りました。そんな中、昨日ですが日本最古の山の辺(へ)の道近くに梅雨の晴れ間に輝くような笑顔で向日葵(マワリ)が咲いてました。    向日葵は明るく鮮やかな黄色い花が咲いて元気を与えてくれる植物です。草丈約30cm程... もっと読む

    • 07月18日
    • 平凡な・・から
    • (0件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    不幸は一瞬『WindowsXP』・・

     今日の磐余の里は晴天に恵まれましたが、夕方から雲が押し寄せてきたので、満月は拝めることが出来ない感じがします。そんな中、前日まで快適に動作していたWindowsXPマシンが突然、ブラック画面にホワイトメッセージが出て動作が停止しました。大切に使ってたけどHD(ハードデスク)が潰れたと言うこ... もっと読む

    • 07月17日
    • 思った・・から
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    梅雨寒『コスモス』・・

     今宵の磐余の里は雨が降り、室内温度は27度、湿度は何と75%です。そんな中、藤原京跡では秋桜(コスモス)の花が風に揺られて咲いてました。また近隣では田植えも終わりましたが、アキアカネというトンボが田んぼの上を飛んでます。本来、アキアカネはこの時期、山里に飛んで行き涼しくなる秋になると赤とん... もっと読む

    • 07月16日
    • 平凡な・・から
    • (2件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    散歩道『悪茄子』・・

     今年も悪茄子(ワルナスビ)が何時もの散歩道に、一段と繁殖してました。見た目は茄子やミニトマトのような花が咲き、丸く黄色い実をつける可愛い植物ですが、悪茄子という名前通りに、褒められるところのない厄介な外来種です。    茎や葉には鋭い棘があり、実には毒がある。さらにこの上なく強い繁殖力... もっと読む

    • 07月14日
    • 思った・・から
    • (5件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    お気に入り『ガラスの金魚』・・

     今日の磐余の里は 雨日和、そんな中、「金魚が泳ぐ電話ボックスは創作性はない」作家側の請求棄却というニュースがありました。 現代美術作家・山本氏が「作品を無断で複製され、著作権を侵害された」として大和郡山商店街側に慰謝料など330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、奈良地裁は11日、請求を棄... もっと読む

    • 07月11日
    • 思った・・から
    • (2件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    見つけると得した気分『捩花』・・

     今日の磐余の里は過ごしやすい一日でした。そんな中、自宅近く線路沿いの土手に捩花(ネジバナ)を見つけました。何気ない花ですが、見つけるとと何故か得した気分になります。この捩花は低地から亜高山帯までの、芝生や湿地帯の明るい場所に普通に見られる多年草です。別名「綟摺・捩摺(モジズリ)」ともよばれ... もっと読む

    • 07月10日
    • 思った・・から
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    七月七日『七夕飯』・・

     今日の日中は晴れ間が多く過ごしやすく感じますが、夕方からは黒くぶ厚い雲が南の方向から近づいてきました。そんな中、昨日の我が家の七夕飯です。アップしようと思ってたけど、七夕と言うことで御神酒が入ると、アップするのを忘れてしまう年頃になっちゃいました。七夕の天の川を表した三輪素麺と織姫と彦星を... もっと読む

    • 07月08日
    • 食った・・から
    • (2件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    日本最初『七夕の地』・・

     明日は七月七日は「七夕」、一寸早いですが、日本神話の故郷の近くを通ったので棚機(たなばた)神社へお詣りしました。この神社は五世紀頃、葛城山麓の周辺で活躍した古代豪族「葛城氏」を中心とする有力豪族が存在し、その中には染色技術を生業とする置始(おきそめ)氏や、機織技術に富んだ倭文(しとり)氏な... もっと読む

    • 07月07日
    • 神社仏閣陵墓巡りから
    • (5件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    幻の果実『山桃』・・

     磐余の里は雲の多い一日です。そんな中、京都から届けてくれた山桃(ヤマモモ)の紹介です。山桃を見ると思い出すのは、友人が「お大師さん」で有名な和歌山の九度山へ、奥方の病に効くということで山桃を毎年取りに行ってたのを思い出します。山桃は甘み成分と酸味成分がバランスよく含有されており、甘すぎず酸... もっと読む

    • 07月06日
    • 食った・・から
    • (6件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    梅雨空『布袋葵』・・

     磐余の里も梅雨に入りましたが、本薬師寺跡近くには布袋葵(ホテイアオイ)の花がが咲き出しました。布袋葵はミズアオイ科・ホテイアオイ属に分類される水生植物です。南アメリカが原産の植物ですが、その高い繁殖力から今では世界各地で見ることができます。現在「生態系を壊す、水の流れを滞らせる、漁業への悪... もっと読む

    • 07月03日
    • 平凡な・・から
    • (1件)