平凡な日頃の出来事など写真で日記を書きながら、スプーン一杯の幸せ求めて人生を楽しんでます。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    熱くても我慢『あずき粥』・・

     今日は1月15日(小正月)ですが生憎の雨日和、日本最古の大神神社(おおみわじんじゃ)では「大とんど」が行われてます。そんな中、鏡開きの武家餅(鏡餅)を使って、あずきの入った『あずき粥』を食す日です。熱い小豆粥を食すとき、冷まそうとフーフーッと息を吹きかけると【田植時期に強風が吹く】言い伝え... もっと読む

    • 01月15日
    • 食った・・から
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    今が旬『イチゴ』・・

     今日の磐余の里は少し雲がありますが快い晴れです。そんな中、スーパーの果物コーナではイチゴの存在感が際立ってたので思わず買っちゃいました。イチゴは毎年1月〜2月になると、外食チェーン店などでは先を競うようにイチゴのフェア−が始まります。また店頭ては12月後半から年明け2月にかけて多く並べられ... もっと読む

    • 01月13日
    • 買った・・から
    • (2件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    お伊勢名物『御福餅』・・

     今日の磐余の里は曇時々晴れの寒い一日でした。そんな中、ご近所さんが二見に行ってきたということで、お土産に御福餅(おふくもち)を買ってきてくれました。この御福餅の創業は元文三年(1738)。江戸時代、伊勢に訪れる旅人に餡餅を「お福わけ(おすそわけ)」したことから始まったそうです。伊勢神宮内宮... もっと読む

    • 01月12日
    • 食った・・から
    • (2件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    窓際族のサラメシ『にゅうめん』・・

     今日の磐余の里は晴れ時々曇り空でした。そんな中、正月は食べすぎたと言うことで大和の発祥の郷土料理、煮麺(にゅうめん)を久しぶりに食しました。我が家の煮麺に入れるのは刻みネギと味付けなしの刻み油揚げです。本来、素麺と言えば冷やし素麺が一般的ですが、磐余の里では晩秋のころから温かく煮た素麺を食... もっと読む

    • 01月08日
    • 食った・・から
    • (3件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    立身出世を願って『七草粥』・・

     今日の磐余の里は少々雲の多い晴れ間です。そんな中、一月七日(人日の節句)は立身出世を願って七草粥を食します。七草粥の良いところは、正月疲れの胃腸を元気に戻す優れもの、初春の野原に力強く芽吹いた若菜の生命力を摘み、食することで邪気を払い、無病息災を願うことができます。正月明けの素晴しい日本の... もっと読む

    • 01月07日
    • 食った・・から
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    新しい年の『桧原神社』・・

     今日は天照大神が部分的に戸隠れされる部分日食が起こる日でしたが、生憎の曇り空見ることが出来ませんでした。そんな中、新しい年を迎えてのお詣りになりました。寒くても、本社の大神(おおみわ)神社から山の辺の道を歩かれて、お詣りに来られる皆さんが多く、流石、大神神社摂社でもある元伊勢・桧原神社です... もっと読む

    • 01月07日
    • ぶらり神社仏閣めぐりから
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    優れた効能『梅干し』・・

     明日は天照大神が部分的に戸隠れされる部分日食が起こります。そんな中、正月は少々食べすぎたのか、何故か無性に梅干しを食したくなりました。昔から弁当というと白いご飯の真ん中に梅干の日の丸弁当が当たり前、これは殺菌効果の高い梅干しを弁当に入れることで食中毒を防ぐ効果があります。また、梅干しは日本... もっと読む

    • 01月05日
    • 食った・・から
    • (6件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    黄金色『無病長寿の屠蘇』・・

     今日の磐余の里は暖かな一日でした。そんな中、今年の屠蘇(とそ)は黄金色に輝く出来栄えに大満足です。屠蘇の由来と意味は、正月に無病長寿を願って飲まれる屠蘇は【蘇】という悪鬼(あっき)を屠(はふ・ほふ)ると伝えられ、悪鬼を打ち負かし、死者を蘇らせるという意味です。また【邪】を屠り魂を蘇らせ、生... もっと読む

    • 01月04日
    • 思った・・から
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    粗塩『厄払い酒』・・

     あっと言う間に正月の三日になりましたが、仕事の関係上、二日から休みとなりました。そんな中、三日ということで年末に神棚にお供えした粗塩と清酒(御神酒)を使って身体の中から厄払いです。古来より、厄払いに使用される粗塩は、塩の中でも特に負の力を浄化する優れた力があります。粗塩は銘柄や値段を気にす... もっと読む

    • 01月03日
    • 思った・・から
    • (1件)
  • 呑気な頼さん

    呑気な頼さん

    室町より続く『初夢のおまじない』・・

     毎年呟いてますが、一般的に元日の夜から一月二日の朝にかけてみる夢を初夢と言います。そんな中、室町時代から伝わる、良い夢を見るお呪い(おまじない)です。良い夢を見るには七福神の乗った宝船の絵に『長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな(ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねの... もっと読む

    • 01月01日
    • 思った・・から
    • (2件)