借金返済の解決方法である債務整理と過払い金返還請求についてご説明いたします。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    西多摩郡・檜原村で借金返済にお悩みの方・債務整理をお考えの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所の無料相談にお越しください。お待ちしております。 https://www.lsclaw.jp/hinoharamura/saimuseiri.html

    • 12月14日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    自己破産申立てをお考えの方がいらっしゃいましたら,債務整理のご相談実績2500件以上,自己破産申立て経験300件以上,東京地裁立川支部で破産管財人実績もあるLSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。 http://www.shakkinseiri.jp/hasan/bengoshi.html

    • 12月12日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    西多摩郡檜原村で,個人再生でお悩みの方がいらっしゃいましたら,東京 多摩 立川の弁護士 LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。 https://www.lsclaw.jp/hinoharamura/kojinsaisei.html

    • 12月12日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    西多摩郡・日の出町で借金返済にお困りの方・債務整理をお考えの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。債務整理のご相談は「無料相談」です。まずはご相談ください。 https://www.lsclaw.jp/hinodemachi/saimuseiri.html

    • 12月05日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    自由財産の拡張

    同時廃止事件における自由財産拡張の可否 自由財産拡張の申立てがあった場合,裁判所は,自由財産拡張をすべきか否かについて破産管財人の意見を聴かなければならないとされています(破産法34条5項)。 したがって,自由財産の拡張が認められるのは,破産管財人が選任される管財事件の場合に限られます。破... もっと読む

    • 12月04日
    • 自己破産から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    西多摩郡・日の出町で個人再生申立てをお考えの方がいらっしゃいましたら,LSC綜合法律事務所にご相談・ご依頼ください。 https://www.lsclaw.jp/hinodemachi/kojinsaisei.html

    • 12月03日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    自己破産における自由財産

    破産管財人によって破産財団から放棄された財産 破産手続においては,自由財産に当たらず,破産財団に組み入れられることになった財産であっても,処分費用が高いとか,買い手がつかない物であるなどの理由から,容易に換価処分ができない財産というものもあります。 このような場合,破産管財人は,裁判所の許... もっと読む

    • 11月30日
    • 自己破産から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    個人再生に強い弁護士をお探しの方へ

    東京都在住40代男性のケース 事案・争点 この方の場合は,住宅ローンの残る自宅があったため,住宅資金特別条項を利用した小規模個人再生を申立ていたしました。しかし,給料だけでは減額をしても返済が困難でした。ただし,副業として個人事業を行っており,その副業の収入を含めれば,返済が可能という事案で... もっと読む

    • 11月28日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    個人事業者の個人再生において注意すべき要件

    再生債権額が5000万円を超えていないか 小規模個人再生を利用するためには,再生債権額が5000万円を超えていないことが必要です。 この再生債権額には,金融機関等からの借入れだけでなく,再生手続開始時点において発生している取引先・仕入先等との間の買掛金や従業員に対する賃金も含まれます。 ... もっと読む

    • 11月26日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金返還請求のご相談は完全無料相談となっております。費目を問わず料金を頂くことはありませんので,ご安心してご相談ください。 https://www.lsclaw.jp/higashiyamato/saimusoudan.html

    • 11月26日
    • つぶやきから
    • (0件)