借金返済の解決方法である債務整理と過払い金返還請求についてご説明いたします。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    自己破産

    財産の換価処分 破産手続が開始されると,管財事件の場合,裁判所によって破産管財人が選任され,その破産管財人が破産者の財産を管理・処分することになります。 ただし,すべての財産が処分されるわけではありません。個人の破産の場合には,自由財産と呼ばれる財産が認められています。自由財産は,破産して... もっと読む

    • 09月18日
    • 自己破産から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    自己破産の弁護士費用

    少額管財事件の場合の弁護士報酬・費用 弁護士に自己破産の申立て代理人のご依頼をいただく場合は,弁護士報酬を頂戴することになります。 弁護士報酬には,委任契約時に頂戴する着手金と,免責が許可された場合に頂戴する成功報酬金があります。 自己破産の手続において「少額管財事件」となった場合の弁護... もっと読む

    • 09月14日
    • 自己破産から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    弁護士による個人破産の無料相談

    東京 多摩 立川のLSC綜合法律事務所における自己破産の無料相談には,以下のような特徴・メリットがあります。 ・無料相談を承る弁護士は,これまでに2,000件以上の借金問題の相談経験がある弁護士です。 ・無料相談を承る弁護士は,これまでに実際に300件以上の自己破産申立ての経験と実績があり... もっと読む

    • 09月13日
    • 自己破産から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    個人の自己破産申立てに強い弁護士をお探しの方へ

    LSC綜合法律事務所に依頼するメリットは? 自己破産申立てで弁護士をお探しの方がいらっしゃいましたら,自己破産申立てに強い弁護士 東京 多摩 立川 LSC綜合法律事務所にお任せください。 前記のとおり,自己破産は弁護士に依頼するのが望ましいといえますが,だからといって,どの弁護士でもよいと... もっと読む

    • 09月12日
    • 自己破産から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    給与所得者等再生に強い弁護士をお探しの方へ

    給与所得者等再生の申立ては弁護士に依頼した方がよい? 個人再生は,前記のとおり,非常にメリットの多い手続です。 しかし,その反面,要件や手続が複雑です。その上,債務者ご自身で手続を進めていかなければならないので,法律に精通していないと,手続に失敗してしまうおそれがあります。実際,裁判所の方で... もっと読む

    • 09月11日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    住宅資金特別条項を定めた再生計画の認可要件

    すべての要件を充たしていなければ,住宅資金特別条項を定めた再生計画の認可には至らないということです。 これらすべての要件を充たしているかどうかを判断するためには,専門的な知識を要する場合があります。 住宅資金特別条項のご利用をお考えの方がいらっしゃいましたら,個人再生・住宅資金特別条項事案... もっと読む

    • 09月10日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    相互保証型ペアローンにおける住宅資金特別条項

    連帯保証債務履行請求権は住宅資金貸付債権に当たらないのが原則です。 住宅資金貸付債権に当たらない以上,住宅資金特別条項を適用できないので,その連帯保証債務履行請求権は一般の再生債権として扱われ,減額・分割払いの対象となります。 もっとも,住宅ローンの連帯保証債務履行請求権が減額されてしまう... もっと読む

    • 09月07日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    住宅ローンに連帯保証人がいる場合の住宅資金特別条項

    原則論で言えば,連帯保証債務履行請求権は住宅資金貸付債権に該当しないので,住宅資金特別条項を利用できません。 そうすると,連帯保証債務履行請求権は一般の再生債権として減額され,前記のとおり,住宅ローン会社によって住宅ローンの期限の利益喪失等の措置がとられて住宅の抵当権が実行される可能性が生じ... もっと読む

    • 09月06日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    ペアローンの場合における住宅資金特別条項

    住宅ローンの連帯保証債務についても,主たる債務者(住宅ローンの債務者)と連帯保証人がともに個人再生を申し立てる場合には,連帯保証債務履行請求権についても住宅資金貸付債権として扱い,住宅資金特別条項の適用が認められることがあります。 また,前記のとおり,ペアローンの場合であっても,夫婦等がとも... もっと読む

    • 09月05日
    • 個人再生から
    • (0件)
  • 債務整理・過払い金mixi相談室

    債務整理・過払い金mixi相談室

    小規模個人再生に強い弁護士をお探しの方へ

    小規模個人再生申立ては弁護士に依頼した方がよい? 個人再生は,前記のとおり,非常にメリットの多い手続です。 しかし,その反面,要件や手続が複雑です。その上,債務者ご自身で手続を進めていかなければならないので,法律に精通していないと,手続に失敗してしまうおそれがあります。実際,裁判所の方でも... もっと読む

    • 09月04日
    • 無料相談のご案内から
    • (0件)