名前をもとの本名に戻しました。 立春…雪は解けて、由紀です。よろしくお願いします。 朱鳥 由紀と自由に繋がる扉です。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    悪いけど、殆どのスピリチュアルは本当にどうしようもない。ものすごく自分勝手だ。神を使っているということに気がつかないのか?何でもかんでも願いを聞いて貰えると思い込んでいる。ご都合主義は命末代の罪障だ。

    • 02月03日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    デービッドアイク氏は黒幕ではない。

    いろいろ思うところあって、デービッドアイク氏をお世話されたことある方のお身内とご縁あるので、直接メッセージで伺ってみました。 以下転載。 明けましておめでとう御座います\(^o^)/ 本年もよろしくお願いします(*^_^*) ええと、、、新年早々ちょっと不釣り合い?なお尋ねなんですが、... もっと読む

    • 01月04日
    • 日記から
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    幸福論ならぬ、努力論。

    幸田露伴の努力論という書を初めて知りました。 この中で著者が著している幸福三説(こうふくさんせつ)は、結構有名なのね。 知らなかった。 なぜ、幸福論ではなく、努力論という題名にしたのか。 幸せ・幸福感はややもすればあらゆる難儀の前に砕かれるものですね。私もまだこの年齢なのに幾たびもそんな場... もっと読む

    • 01月04日
    • 日記から
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    最近の報道や表現についての雑感。

    生命力が減退するような報道よりも、今日本で、世界で明らかに新しい生命の息吹が観じられる報道を求む。 それが、原点に戻る… 【回帰】 なのよね。 元に戻るためには様々なプロセスが必要。 今、この日本にあって、一見信じられないような恐ろしい状況の中で、ふつふつと湧き上がってきている真理がありま... もっと読む

    • 01月04日
    • 日記から
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    みのり。

    今秋は 収穫が少なかったような気がする。 収穫というよりも マイナスを埋める作業が多かったように思う。 それも、煩悩社会へのマイナスだ。 だから、煩悩社会でのプラス単位をたくさん取らなければ マイナスは埋められない。 それはかなり辛い作業だ。 この大自然界では 大自然界の営みに添えば... もっと読む

    • 11月28日
    • 日記から
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    食は生命ではない。

    生命は、食ではない。 だから、よく云われている言葉・食は生命なり というのは真実ではない。 無(む)・空(くう)の中に色(しき)がとどまる。 これが生命の基本。 この世界の全ての物事は智慧と力に分別される。 世界そのものが、智慧と力である。 では、智慧とはどの様なことであるのか。... もっと読む

    • 11月21日
    • 日記から
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    海無量。

    とても不可思議な体験をした。 まるで野性の海の中に深く浸透するかのような体験だった。 いや、本当に海にもぐったということではなくて、海の不可思議さを深く感得せざるを得ないような体験ばかりだった。 私たち生き物は全て、ここから生まれてきているんだと、理屈ではなくて感じ取れたということか。 そ... もっと読む

    • 07月26日
    • 日記から
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    北西方向であると神仏・先祖のご加護を頂戴しやすいのだ。日本の最北西で神勧請をしたいと心から思った。鎮西、日本の西を鎮め、日本国が神々のご加護を強く頂戴するためだと今からわたくしは勝手にそう決めている。

    • 07月26日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    私は神様と敬われているあまりに偉大な、かつ巨大な生命体が人の姿で時折夢枕に立たれることがよくある。なんと結婚したのだ、その生命体なるお方と。今までにないほどの深くてゆるぎない愛情を感得した。しかし男性の身姿なのだ。今回は日本の最北西の岬に立った。家相では神仏勧請・御鎮座頂くのは家の中心から見て北西。 もっと読む

    • 07月26日
    • つぶやきから
    • (0件)
  • 朱鳥 由紀 の扉

    朱鳥 由紀 の扉

    そして、神々から愛されるというのはどういったことであるのか、そんな畏れ多いことの万分の一を実感できたのかもしれない。しかし全てではなかった、決して。そのくらい深い海であった。仏教では海無量という言葉がある。その音を眼でたどって言葉を口から発したとしても、決して全てを理解なんてできないのだと。

    • 07月26日
    • つぶやきから
    • (0件)

おすすめワード