受験通信教育・ジュピター科学塾 | mixiページ

大学受験・高校受験のインターネット通信教育 高校中学(既卒、1、2年、社会人可):数学ⅠAⅡBⅢC、物理化学生物地学各ⅠⅡ 大学教養の情報、数学、理科系電気系科目、レポートのアドバイス

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    文系の理数「必須」を「重視」に修正…自民提言

    理数軽視は国を滅ぼす、と書こうとしたが、ちょっと違う内容の記事のようだ。日本の将来のために理数系教育の重視は必須である。実は自民党もそれを書きたかったようだが結論として、実態は大学任せの骨抜きになっているようだ。 http://www.yomiuri.co.jp/politics/new... もっと読む

    • 04月09日
    • 所長の日記から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    高校物理基礎講座開講します(他の学校ですが;;)

     勤務先の一つ、大人向けの数学塾で「社会人のための高校物理基礎講座」をやります。受験を直接の目的としていないので、あまり複雑な計算とかはやらずに(少しは必要ですが)基礎物理の全体を1年間かけて勉強しなおしたい or 高校でやらなかったので、基本的なことを知りたい、という人のための講座です。 ... もっと読む

    • 03月25日
    • 所長の日記から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    中学高校での確率統計教育を充実させるべき

     一般の人は、「なぜ地震予知ができないのか、出来ないのなら巨額の投資をしてきたことは無駄ではないのか」、というようなことをよく言う。  しかし、こうした「自然現象」の多くが「確率現象」であることに注意しなければならない。  確率現象であるから、精度を上げることはできても、確実にいつどこで、と... もっと読む

    • 03月11日
    • 所長の日記から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    超重元素では、s p 軌道の電子速度が光速に近づく

     元素は、周期律表の縦に、似た性質を持っているというのが常識であるが、原子番号が大きくなるほど、内核の電子は核に引き寄せられ、同時に速度が光速に近づくので電子質量が増大する。  さらに、その内核電子の遮蔽効果により外核電子軌道は大きくなり、化学的性質が異なってくるという。 もっとも、原子番号1... もっと読む

    • 03月04日
    • 大学物理化学電気天文学等から
    • (1件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    地学の問題のヒントが化学に

    地学の問題のヒントが化学にあった、というのは、出題ミスなのか? http://nyushi.yomiuri.co.jp/13/nnews/20130226_01.htm 同一時間に同時に配られる冊子だということなので、確かに問題だろうけれど、科目が違ったら、クロスチェックしないよね。

    • 02月26日
    • 所長の日記から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    ★植物にとって不要な緑が美しいのは不思議

     ところで、話をすごく簡単なレベルに戻して、植物は何故緑色に見えるのか?  これは、太陽の「緑の光を反射しているから」である。  当たり前じゃないかと思うかもしれないが、これもまた不思議なことである。  植物は「緑の光を吸収しているのではない」  「緑以外の光を吸収し、緑は不要な光」  な... もっと読む

    • 02月23日
    • 生物・地学質疑応答から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    ★動物と植物はどちらが優れているか

     なんて聞かれても、キョトンとしてしまう(←死語かも)のではないかと思いますが、植物は、光合成をおこなうことができますから、水と二酸化炭素と光さえあれば(他に若干の元素が必要ですが)独立して生きていくことができます。  それに対して、動物は、食物となる植物ないし、動物がないと生きていけません。... もっと読む

    • 02月23日
    • 生物・地学質疑応答から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    左手の法則の裏ワザ

     「ファラデーの左手の法則」は覚えなくてよい、ということは、たびたび主張してきました。すべて、「右ねじの法則」から導くことができるからで、さらには、時間がたって、記憶が曖昧になってくると、本当に正しいのか自信が持てなくなるからです。それよりも、絶対確実に覚えられる、「右ねじの法則」と、「自然は... もっと読む

    • 02月23日
    • 物理質疑応答から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    単相200Vと3相300Vの違いのわかり易い解説がない

     単相3線200Vからとった200Vでモータを駆動する場合と、3相3線200Vでモータを駆動する場合、トルクというか、馬力が違うのは何故か。  これは、波形のきちんと書かれていず図面から見ればわかるのであるが、  単相200Vの場合、3線の両側からとった電圧が、200V(×√2)と、0Vの間... もっと読む

    • 02月19日
    • 大学物理化学電気天文学等から
    • (0件)
  • 受験通信教育・ジュピター科学塾

    受験通信教育・ジュピター科学塾

    濃硫酸は強酸性ではない

    濃硫酸は強酸性ではないが、希硫酸は、強酸性である。 濃硫酸の定義 90% 以上 濃硝酸    60% 濃塩酸    35%  これは、硫酸が不揮発性であり、硝酸と塩酸が揮発性であるから、濃硝酸、濃塩酸は濃縮しようとしても水とともに揮発してしまう。  濃硫酸が強酸性でないのは、 水が無い... もっと読む

    • 02月13日
    • 化学質疑応答から
    • (0件)