教則本に載ってないトランペット奏法の基礎

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    8.いい音について考える

    久しぶりの投稿ですいません。 ま、そんなに書くネタもないわけでして。 ラッパを吹く人間として、ある程度音が出てきたら、いい音を出したいと願うのは人情ではないかと思います。いい音がどんな音なのかは、ひとそれぞれ。ジャンルによっても違ってくるのは当然でが、自分の出す音をいい音に近づける方法は、そ... もっと読む

    • 06月24日
    • こんてんつから
    • (4件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    7.日々の練習について

    バズィング練習されている方も多いかと思いますが、私は、唇の柔軟運動として、ブルブルさせる程度以上のバズィング練習は無意味だと思います。 先に書いたとおり、唇は息の力で振動させる物ではなく、トランペット内の空気柱の共振によって振動させられる物なのです。それを息だけで振動させることは、トランペット... もっと読む

    • 03月25日
    • こんてんつから
    • (6件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    6.アンブシュアについて

    今までアンブシュアについてはほとんどふれませんでした。 一般的には一番大切に思われている点なんですが、唇の形にこだわりすぎている人が多いので、あえてふれてこなかったのです。 ここで、アンブシュアに対する基本的な考え方を書きたいと思います。 口角はしっかり固定し、センターはフリーに ... もっと読む

    • 02月10日
    • こんてんつから
    • (0件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    すぐ役立つ、かもしれないTips その2

    高音域が、もう少し安定したらいいなと思ってる人に 3rdバルブのボトムキャップを、少しゆるめると、高音が出やすくなるかも知れません。 はずして落とさないように注意してトライしてください。

    • 01月12日
    • こんてんつから
    • (16件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    すぐ役立つ、かもしれないTips

    ちょっとしたヒントみたいな物を書いてみたいと思います。 日によって調子が変わってしまい困っているあなたへ つば抜きのコルクは傷んでて、エアが漏れがちだったりしませんか? 微妙に漏れてると、音の出方が変わります。 マウスピースを挿す位置を気にしたことがありますか? マウスピースはメーカー... もっと読む

    • 01月11日
    • こんてんつから
    • (4件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    5.呼吸法を身につける。

    いわゆる腹式呼吸といわれている物が、トランペットを演奏する上で問題があるということは前に書きました。 息を吐くときにおなかを引っ込めると、腹筋の力が抜けて、支えが出来ないのです。 では、どのような呼吸法が良いのでしょうか。 私は練習によって身につけました。 その練習とは、クラークのテクニカル... もっと読む

    • 10月30日
    • こんてんつから
    • (0件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    4.のどを広げよう

    低い音を出しやすくするには、口腔の奥の方を広げることが効果的です。 あくびをするときの、のどが広がる感じです。 ただ、あくびでは、口全体が広がってしまい、トランペットが吹けなくなってしまいます。 歯を動かさずにのどを開く練習をしましょう。 喉仏が下がるとのどが広がります。 指を当て位置を確認... もっと読む

    • 10月20日
    • こんてんつから
    • (0件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    3.シラブルによる奏法

    具体的に、どのように舌を動かしているのか、シラブルによる奏法を解説します。 まずはトランペットは持たず、口先からでる息の音を確かめてみましょう。 上下の歯は5mm程度開けます。舌の先を下の前歯に軽くつけます。 息を吐きながら「アー、エー、イー」となるような舌の形に動かしてみましょう。 舌が上... もっと読む

    • 10月18日
    • こんてんつから
    • (1件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    2.どうやって音を変えるのか

    では、どうやって音を変えたらいいのでしょう。 唇に頼るという方法もあります。 アパチュア(上下の唇の隙間)を広げたり狭めたりすると、確かに音を変えることが出来ます。 しかしこの方法は、コントロールが難しく、通過する息の量や唇の振動を制限してしまうという重大な欠点があります。 一般に使われる... もっと読む

    • 10月16日
    • こんてんつから
    • (0件)
  • トランペット奏法の常識非常識

    トランペット奏法の常識非常識

    どのようにして音が出ているのかの考察

    まず、トランペットから音が出るとき、どのようなことが起きているのか、、、これから始めたいと思います。 簡単に言うと、唇の間をすり抜ける音が、トランペットの空気柱と共振すると、唇を振動させ、大きな音になるのです。 トランペットに、音が出ないぐらいの息を吹き込み、少しずつ息を増やして音が出始め... もっと読む

    • 10月15日
    • こんてんつから
    • (2件)