ホルン、その他金管楽器の奏法から、音楽のあり方まで、幅広く考えます。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

金管の奏法について考える

金管の奏法について考える

12月07日

つぶやきから

それは人によって違うかもしれない。自分の音や演奏を観察してみたり、他の様々な演奏家の演奏を観察して自分で見つけていく必要がある。そうすれば、きっと音色は次第に磨かれていくだろう。そして最も重要なのは、なんのために音を磨くのかを忘れないことだろう。音楽のために音があることを忘れてはいけない。
  • (0件)