サルサ (Salsa) は 1960年代後半にニューヨークのプエルトリコ移民が中心になり作られた比較的新しいペアダンス。 サルサ音楽に合わせ、通常二人で踊る。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=119341

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

詳細 ダンスとしてのサルサは1クラーベ=8拍の音楽に6ステップを合わせて踊るため、
シンコペーションに合わせ1, 5拍目をステップしない(N,Yスタイル-プエルトリコ系)、
1拍目からステップを始め4, 8拍目をステップしない(L,A,スタイル-キューバ系)、
シンコペーションにあわせ2拍目から始めるが4(8)拍目と次の5(1)拍目をタイでつなぎ、ステップのブランクを作らない(N,Y,クラブon2)等がある。

ダンススタイルはそれぞれ少しずつ異なる。

日本では競技ダンスの項目のひとつとしての認識が長いが、
近年ではポップ歌手リッキー・マーティン、マーク・アンソニーなどによる人気の高まりとともに、
熱心なサルサのインストラクターや中南米の出稼ぎ移民、日系移民を中心にクラブなども根付いてきている。
中南米、北米では一般的なラテン移民の庶民のダンスとして溶け込んでいる。
米国へのラテン系の移民の中でも、若い世代はサルサのことを「家族で集まるときの余興」とみるような認識が強かったが、
一般的な米国社会への浸透とともに、今では多くのラティーナ、ラティーノがほかの人種の先頭を飾っている。
もともとラテン系の移民の多いニューヨークやサンフランシスコなどの大都市ではサルサのクラスやクラブが増えている。

スタイル

キューバンスタイル、
プエルトリカンスタイル、
N.Y.(ON2)スタイル、
カジノスタイル、
L.A.(ON1)スタイル、
コロンビアンスタイル
などの独自のスタイルが作り出されている。

関連項目

サルサ (音楽)
メレンゲ
バチャータ
チャチャ
マンボ
ルンバ
レゲトン