千四百年前に古代国家形成の舞台となった地です。飛鳥の地を尊び守った飛鳥人は日々戦いの中、繁栄と衰退を繰り返しながら政治、経済、文化を発展させました。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=121559

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

詳細  当時の背景は存在しないものの、謎めいた歴史や万葉人に心ひかれて多くの人々が訪れる里です。 飛鳥は、奈良県高市郡明日香村(大和飛鳥)近辺を指す地域名です。また、遠つ飛鳥と呼ばれることもあります。遠つ飛鳥は大和平野の東南の飛鳥を指すと考えられます。周囲を山々や丘陵に囲まれた小盆地であり、その中央を飛鳥川が流れるところです。此の地一帯には天皇の宮が多く置かれたことがあり、推古天皇が崇峻五年(592年)の豊浦宮(とゆらのみや)での即位から持統天皇八年(694年)の藤原京への移転するまで、約百年間を日本の歴史の時代区分として飛鳥時代と呼ばれています。また日本の政治・文化の中心地でもあり宮殿や豪族の邸宅などが多く建ち並び帰化系の人々が付近に居住するようになりました。後に有力氏族に成長した東漢氏が、飛鳥に近い檜隈に居を構えていたところでもありました。六世紀半ばには、この地周辺に仏教が伝わり、高い文化をもつところとなってきました。七世紀には、此の地一帯は、日本古代の政治、文化の中心地となり、都市機能の整備が行われるなど宮都の様相を呈していたので、「飛鳥京」とも呼ばれていました。この地域は蘇我氏が、扶余を模して築いたともいわれています。

また、紹介ページの写真は順次、新しい写真をアップします(^^)

■ミクシイコミュ管理。

『元気になる魔法の言葉』Women-only
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5510395

『伊勢神宮』125社めぐり
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5642376

■ミクシイページ管理。

何気ない一枚の写真
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=267945

呑気な頼さん
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=75472

三輪明神(みわのみょうじん)
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=46998

伊勢神宮
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=43728

桧原神社
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=113682

私の好きな万葉集
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=119356

飛鳥(明日香)
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=121559

喜多美術館
http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=138911