ベビーカステラの基本情報 | mixiページ

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=145686

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

詳細 特に関西、主に兵庫県では地域ごとにオリジナル名が数多く存在し、中でも明石市周辺や淡路島では表面だけ焼いて中は半生の状態で供されることもある。専用の機械を使って、楕円状の型に生地を流し込みふたをして数回反転して焼く。祭りの的屋や縁日でよく売られる。家庭ではたこ焼き機などで作られる。

ベビーカステラの発祥は、1921年(大正10年)にて関西地方の露天組合(金城組)現在の「三島屋」が発祥とされている。 当時はチンチン焼きと呼ばれたが、1986年(昭和61年)に、(金城組)よりのれん訳した「三島屋」の初代女将が名付けたとされる。

他に、東京ケーキ、チンチン焼、松露焼き(姫路市)、福玉焼き(明石市)、玉子焼(き)(神戸市など)、ピンス焼(淡路島)などの名称がある。また、大阪府、兵庫県にはベビーカステラをスイーツ化した「コンチネンタルカステラ」が有名である。

また、最近では移動販売によるFC展開も始まっている。

「人形焼」とは異なり、餡などは入っていないのが主流。

なお、若干の相似はあるものの、地域によっては「鈴カステラ」とは全く別物とされる。