コミュから移行するにも、微妙ですが。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=24377

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

ホームページ http://Reebow.Info/
詳細 とりいそぎ作成。
ここのmixiページへのアドレスは、http://mxp.reebow.jpn.com/
http://KiseRieko.Info/
と設定しました。

Facebookページは、http://Fb.KiseRieko.Info/
でアクセスできます。


http://ja.wikipedia.org/wiki/木瀬りえ子
を参照。

7月30日生まれ
日本の歌手、アコースティックギター奏者。

1993年12月1日、シングル「愛されたいと思うのに」C/W 熱い風の中で でメジャーデビュー。
1994年5月11日、シングル「あの空に鳥を逃がして」C/W 悲しみのオーラ
1996年8月1日、シングル「夢見るだけじゃ涙は消えない」C/Wオレンジの太陽をめざすあの雲のように
以上、3枚のシングルを残している。レーベル会社自体が、現在は無かったりするので、基本的に廃盤・絶版扱い。まれにamazonや楽天オークションで、見つかることもあるが、ほとんどの場合が「夢見るだけじゃ涙は消えない」である。

1998年以降、「Reebow and Low Technical Club Band」(2011年8月6日より、Reebow and High Technical Club Band)としてインディーズで活動。
アルバム「Song of Love」を発表。

1999年、「Reebow and Low Technical Club Band」として初ライブを行う。
同年、モリダイラ楽器主催「フォークビレッジ」にてグランプリを受賞。

2002年冬、初のマキシシングル「アイ・ウィッシュ」を自主制作で発表。

2003年、セカンドマキシシングル「Nature001」をアーティスト・ガーデンとともに制作。
同年、ギブソン主催の「Edwin Indies Collective」で最優秀バンドに選出される。

2004年、「Reebow and Low Technical Club Band」のメンバーをReebowとJiroの2名にフィックス。
バンドユニットとしてはもっともシンプルな構成で活動をリセット。
アルバム『Actually』を発表。

2008年からは、別バンドでのボーカル(トゥループス,R.i.C.k.,Truth and Reality)という活動が多くなっている。

2010年以降は、Truth and Realityが活動のメインとなっている。

2010年7月4日、サポートにTruth and Realityの池田邦人氏を迎え、RLTCBとしてのライブを開催。

2011年8月6日、サポートにTruth and Realityの、iKEDA☆iKEDA(池田邦人) 氏;ギター/高石真樹雄 氏;ベース を迎えて、Reebow and High Technical Club Bandを宣言。

2012年1月28日、2011/08/06と同メンバーで、RHTCBでのライブ。
2月5日には、何年ぶりかの、高円寺ショーボートで、ライブが予定されている。