札幌で活動する地下室とシャンパンのページです。 LIVE情報等を発信していきます。

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=257507

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

ホームページ http://sound.jp/basement-champagne/
詳細       ■■北海道JAZZROCK界に狂い咲く闇の楽団■■
  ==地下室とシャンパン 〜 the basement and champagne==
     

メンバー

■HARU : Vocal
■SACCHIN : Trumpet 
■AYURI : Trumpet
■HIROKO : Tenor Saxophone
■FUMI : Trombone
■ETSUKO : Piano
■CHARMMY : Bass
■Dutch : Drums & MC &代表


            ☆ infomation ☆
  

幾多のメンバーチェンジをしながら、それでも奴等はのほほんと活動を続けた。

「バンドは生き物ですから!」(BURRN!で読んだとDutch)

抜群の歌唱力で魅了するボーカル、そのボーカルよりも前に出ていくホンセク女性陣、ピアノの正式加入はしばらくぶり。

そう!奴等はいつでも石ころのダイヤのまま。相変わらずご機嫌だね!。

■「ジェシカ」から丁度2年が経ち、
発売されたシングル「プラットホームで待った明日はもう見る事ができない」絶賛★発売中!




    ■  ■  ■   ■  ■

テーマは「酒、そして JAZZ 」

微熱に浮かれたネオン街を横目に
 
呆れちまうほど酒を浴びたDUTCHが画策した

酔い止め代わりのスィングのリズム

安いキャバレーで拾われたあの娘はまるで

叶わぬシンデレラ 、絵にもならないサ

太陽に狙われたハスッパなオレ達

逃げ込む先は決まって今日も行き止まり

イカシたJAZZのリズムが誘なう

あの地下室へ行こう

隠れるように、あの眩き地下室へ行こう