五感の総合芸術である”上生菓子”、季節感あふれる繊細な上生菓子を見て楽しんでください!

mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://p.mixi.jp/wagashizukan

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

ホームページ http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=307703
詳細 上生菓子は手に取れば手のひらに数個同時に乗せられるほどの小さなお菓子である。しかし、その小さなお菓子の中には、他のお菓子には見られないすごい世界が詰まっている。


まず、第一にその形の美しさ!

私は立体絵画と呼んでいるのだが、まるで絵画のように色彩豊かで、彫刻のように精巧なデザイン。上生菓子づくりの技術はまさに芸術のレベルで、写実的なものから、抽象的にモディファイされたものまで様々な表現方法がある。

プラモデルのように細かいパーツを微に入り細に入り装飾して作り上げるこのようなお菓子は上生菓子以外に世界中どこを探しても見つからないだろう。



第二に菓銘と造形で表現する季節感!

日本には四季があり、日本人は昔から季節感というものを大切にしてきた。俳句や短歌に季語が使われ、春には桜を愛で、夏には海水浴に出かけ、虫の声に秋を感じ、冬はこたつで鍋を食べる。

このような季節感をお菓子で見事に表現したものが上生菓子だ。私は立体短歌と呼んでいるのだが、上生菓子の菓銘(お菓子の名前)は季語に相当し、この季語にぴったりの季節の事象を立体的に表現するのだ。

菓銘の選定から造形の創作まで、各和菓子店がオリジナルで行う。通常毎月2回のデザイン更新があり、毎回4〜6種類のお菓子を制作するので、1年間で96〜144種類もの上生菓子が各店で制作される事になり、全国でものすごい種類の上生菓子が生まれていることになるのだ。こんなにバリエーションのあるお菓子は世界中どこにもない!



第三にはそのはかなさゆえの希少価値!

美人薄命という言葉があるが、まさに上生菓子も美しいのに短命である。職人さんが丹精込めて作り上げた渾身の作品が数日間しか存在し得ないという、はかなさがより心惹かれる大きな要素になっている。

普通の芸術作品は後世に長く残されていくものだが、上生菓子は生菓子であるがために、芸術作品にもかかわらず、数日のうちに食べられ消え去ってしまう。

毎回手作りで作られる上生菓子はひとつとしてまったく同じものはできない。まさに茶道の心得である「一期一会」のように、今目の前にある上生菓子は一生に一度だけしか出会えない貴重なものなのだ。



この場で公開している上生菓子は写真と菓銘のみなので、みなさんと五感のすべてを共感することはできないが、視覚と聴覚の二つだけでも十分に上生菓子の魅力を堪能いただけると思うので、目で見て楽しみ、菓銘の響きを聴いて季節を感じていただければ幸いである。