mixiにログインして情報をもっと楽しもう!

  • ログインする
  • 新規登録(無料)

基本情報

このページのURL http://page.mixi.jp/view_page.pl?page_id=72898

このmixiページにアクセスするためのURLです。このmixiページを紹介したり、ブックマークする際にはこのURLをご使用ください。

詳細 アメリカは原爆を落としました。

これはナチス・ドイツをも超える人類史上最悪の非人道的な戦争犯罪行為なのだ。

だから、アメリカは原爆を落とさせるぐらい『日本は悪かった』ということにしなければならなかった。

それが東京裁判である。

日本人が歴史を知らないせいで、日本はいつまでも国内外の反日に牛耳られるのです。

日本人は「植民地だったアジアを欧米から解放した」など、本来教えられるべきことを学校で教えられていません。

その代わりに「日本は南京で大虐殺をしたり、朝鮮人を従軍慰安婦として強制連行した」など嘘の歴史を教えられています。

【日本にA級戦犯などいない】
皆さんは何故、岸信介はA級戦犯にも関わらず刑務所から釈放されて総理大臣になれたかご存知ですか?

それは日本にはA級戦犯なんて存在しないからです。

A級戦犯は全員、赦免されています。

サンフランシスコ平和条約11条により、A級戦犯はとっくの昔に赦免されています。

【日本は欧米の搾取型植民地経営はしていない】
日韓併合後に日本が朝鮮半島につぎ込んだ金額は20億7892万円。
すべて日本人の税金です。当時の1円は現在の1万円以上の価値です。

さらに韓国一進会と言う民間団体など当時の朝鮮からも日本に日韓併合の声明書を出している。

当時の皇帝・純宗も李完用首相も日韓併合を望んでいた。

文部大臣である李容植以外、全員日韓併合を望んでいたのだ。

韓国側も併合の意思があり、日本の一部になった。

逆に日本こそ併合に懐疑的だった。
なぜなら、日露戦争ではロシアから賠償金を貰えず、大韓帝国の面倒を見る余裕など、どこにもなかったからだ。

日韓併合になったのは安重根が伊藤博文を暗殺してしまったからである。
伊藤こそ、併合を反対していた1番の有力者だったにも関わらずだ。

ロシアに勝ち、列強の仲間入りを果たした日本を朝鮮が倒すことは不可能。
さらにそんな日本の大物中の大物を殺してしまった。
どんな報復があってもおかしくない。

だから震え上がった朝鮮政府側から日韓併合の提案が日本政府にあった。
日韓併合は日本にとっても予想外なことだった。

日本は外国から多額の借金をしてまで大韓民国を近代化させていった。
学校や病院を作り、道路や水道や発電所などインフラを整え、人口は日本時代で1300万人から2500万人にまで増えた。

ハングルが公教育で教えられたのは、日本時代が初めてである。

日韓併合の翌年の1911年に第一次教育令が施行されてハングルは必修科目となり、初等教育では1学年から6学年まで「朝鮮語および漢文」を毎週2〜6時間教えられるよう定められたのである。
昭和11年には1面1校(1つの村に1つの学校)が完成。
2500の公立普通学校ができ、国民の全てがハングルを学べるようになった。

日本が朝鮮半島を守らねば、ソ連に攻め込まれる。日本軍が朝鮮半島から撤兵した後、どうなったか?

ソ連とすでに共産化した中国をバックに共産化された北朝鮮軍が北から攻め込んできた。
日本が保護できなくなった後、すぐに朝鮮戦争が始まったのだ(1950年)

日本は幕末からずっとこれを恐れていたのだ。

【ハングルを普及させたのは福沢諭吉】
ハングルを朝鮮人に普及させたのは福沢諭吉である。
ハングルは15世紀に世宗が学者に作らせた。しかし朝鮮が独自の文字を作るのは宗主国の中国への反乱を意味するという危惧もあり、後にハングルの使用を禁止。

一部の特権階級が漢文での読み書きが出来るが、庶民は読み書きが不可能になった。
これでは朝鮮を近代化できないと悟り、福沢が私費を投じて、ハングルを研究し普及させたのだった。

【日本の戦前の朝鮮問題は日韓基本条約で全て解決済み】
戦後の1965年、日韓基本条約を結んだ。
これで日本は8億ドル以上の経済援助をした。
そして日本と大韓帝国の結んだ条約を全て破棄することを確認した。

つまり「韓国併合の話は今後一切なし。経済援助で過去は清算された」と言うことだ。

【日中戦争で最初に平和を犯したのは中国側】
1937年7月、いきなり中国側が日本に攻撃を開始する(盧溝橋事件)

さらに、大紅門事件・廊坊事件・広安門事件・通州事件など、立て続けに日本人居留民や日本の軍人を中国側が虐殺した。

中国と戦っても何のメリットもない日本側は動向を見守っていた。

そして同年8月、中国軍は上海でも大暴れ(第二次上海事変) 。

日本は230名の日本人を虐殺された通州事件の再現を恐れ、ここで応戦した。

日中戦争の前、先に平和を破ったのは中国の方なのだ。

なんとしてでも日本と中国国民党を戦わせようとした中国共産党(現在の中国)。
それがソ連共産党の指示だったからである。

(清水 馨八郎『大東亜戦争の正体(祥伝社)』 p116参照)

★劉少奇
「盧溝橋事件は中国共産党の陰謀だった」

★周恩来
「盧溝橋で中国共産軍が日本軍と中国国民軍の両方に鉄砲を打ち込み相戦わせようとした」

★毛沢東
「何も申し訳なく思うことはありません。日本軍国主義は中国に大きな利益をもたらし、中国人民に権力を奪取させてくれました。皆さんの皇軍なしにわれわれが権力を奪取することは不可能だったのです。この点、皆さんと私は意見を異にしており、われわれ両者の間には矛盾がありますね。過去のああいうことは話さないようにしましょう。過去のああいうことはよいことであり、われわれの助けになったとも言えるのです。ごらんなさい。中国人民は権力を奪取しました。同時に皆さんの独占資本と軍国主義はわれわれを助けたのです」

現在の中国を建国した毛沢東でさえ日本に感謝している。
中国人に「日本は侵略した!」と言われたら是非このことを指摘してあげて欲しい。

国際法的には、例え1人殺されても、謝罪・賠償・真相究明・責任者厳罰・再発防止がなされないなら、報復は「合法」である事を強調したい。

日本は勝っても何の得にもならない日中戦争に巻き込まれていったのだった。

★インド ラダ・ビノード・パール 法学者、極東国際軍事裁判判事
「欧米諸国は日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって、自分らのアジア侵略の正当性を誇示する目的であったにちがいない。
 日本の子弟がゆがめられた罪悪感を背負って、卑屈、退廃に流れていくのを、私は平然と見過ごす訳にはゆかない。誤られた彼らの宣伝を払拭せよ。 誤られた歴史は書き換えられなければならない」

【南京大虐殺など存在しない】
南京大虐殺のポイントは「戦後まで国民は知らされなかった」ということ。
そんなことは物理的に不可能である。
南京は鎌倉市ぐらいの狭い都市。外国人報道官も南京に入城させている。

ただ、日本軍は便衣兵は殺した。便衣兵とは市民のふりをして私服のまま敵を攻撃する兵隊でして、完璧な国際法違反である。
戦闘員は戦闘服を着ていなければならないのであり、不法戦闘員として殺されてもやむを得ない。

日本軍は私服を着た人は殺した。
恐らく無垢の民も間違って殺しただろう。

敵が私服を着ているので、誰が敵か分からないのだ。
中国軍は市民のふりをして、すきを見て手榴弾を投げてきたりした。

誰が敵兵か分らない日本軍は「出来るだけ市民と間違わずにしなければ」、という選択肢しか残されていないのであって、便衣兵を命じた瞬間、間違って無垢の民を殺してしまうのは目に見えている。

だからこそ国際法で明確に禁じているのであり、日本軍が私服をきた人を殺してしまったのは便衣兵を命じた蒋介石の責任である。

中国軍が市民のフリをして攻撃してくるせいで日本軍も大変だった。
これを大虐殺にしたいようだが、大虐殺には程遠い。

昭和12年の南京戦から約11年間に中国国民党の国際宣伝所は300回近く記者会見を外国人記者に行った。
だが、南京大虐殺には1度も触れられなかった。
当時国際連盟から脱退していた日本に親日な外国人は少なかった。
南京で30万人も虐殺すれば国際社会の絶好の非難の的で、日本に制裁が加えられるかもしれないのに、欧米など外国人は何も騒いだりしていない。

その南京大虐殺が8年後の東京裁判で突然登場した。
30万人も虐殺されたが、気付くのに8年もかかったのか。
しかも南京陥落後の記録では南京市民は20万人しかいない。

【創氏改名も強制ではない】
自己申請制で、自分が希望したら日本名を名乗ることができた。
シナ事変の時のキムソグォン大佐、ホン・サイク陸軍大佐、そしてパク・チュングン衆議院議員などいたではないか。
日露戦争で勝利した当時の日本は有色人種で唯一の列強国でありましたから、日本名を名乗れば色々と得なこともあった。

【従軍慰安婦など存在しない】
証拠が一切ないのだ。1992年、93年に日韓両政府が行った調査でも日本側による強制連行の証拠は一切見つからなかった。

その逆に「本人の意思に反して慰安婦にしてはいけない」という日本政府の業者に対する指示は数多く見つかっている。


【日本人よ!世界の人々からのありがとう 〜植民地解放という離れ業〜】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1787414277&owner_id=34928214